ダイエットや運動を頑張る前に、この夏は熱中症に気を付けて!

ダイエットや運動を頑張る前に、この夏は熱中症に気を付けて!

熱中症のイメージって暑いところで作業したり運動したりしたら、貧血みたいになって倒れる、そう思っていませんか?実は違う初期症状があるんです。

この夏は気を付けたい!知られていない熱中症の症状

熱中症といえば、暑いところで水分も取らずに長時間作業していたら貧血のような症状が出て倒れてしまう。というイメージを持っていませんか?
もちろんそういった症状も熱中症の症状の1つですが、他にも様々な初期症状があり、病院に行って診断されて初めて、「え?これがそうだったの?」となる人が結構いるそうです。

では、気づきにくいけれど熱中症の可能性がある症状はなんでしょうか?
筋肉痛や吐き気などが実は熱中症の初期症状なのです。
汗をかいたり、水分補給を怠ったりすると、血液の塩分濃度が低下し、手足がけいれんしたり、つったり、筋肉痛などが起きます。
また、汗を大量に掻いているのに水分補給ができないでいると、吐き気や頭痛を催し、これも熱中症の症状の1つとなります。
室内にいても、夜寝るときに冷房を止めると気付かない内に熱中症になっていたりするそうなので、実は屋内にいる時の方が熱中症になりやすいのだとか。

熱中症対策に水はダメ!?

熱中症を防ぐ為に水やお茶を飲んでいればいい、と思っていませんか?
実は水を大量に飲むのは熱中症にはよくないのです。
特に冷やしたものは熱がある体の胃には負担もかかってしまうのです。

では、どういった飲料がいいのかというと、ミネラルやナトリウムを含むスポーツ飲料やイオン水がベストなのです。

脱水症状は体内の塩分濃度のバランスが悪くなると起こるので、ミネラルやナトリウムを取り入れることによりそれを防ぐことができるのです。
また、暑いこの時期だけではなく、風邪やインフルエンザの時にもこういったスポーツ飲料がいいとされるのは同様の理由からなのです。
日ごろからミネラルやナトリウムを取り入れて熱中症対策を行いましょう。

ミネラルは熱中症の為だけでなく美容と健康にも必要ですし、なにより美容のために運動してるのに倒れてしまっては元も子もありませんよね。
熱中症に気を付けてこの季節を利用してダイエットを頑張りたいですね。
関連キーワード

関連記事