室内でも日焼けする!室中でできる日焼け対策をご紹介します

室内でも日焼けする!室中でできる日焼け対策をご紹介します

日焼けは美容の大敵ですよね!実は、室内でも日焼け対策をしていないと知らない間に少しずつ日焼けしちゃうんです。

どうして室内でも日焼けするの?

日焼けは外でするものだと思っていませんか?
実は、紫外線は窓ガラスや薄いカーテンをすり抜けて室内まで入ってきているんです!
直射日光の当たる屋外の紫外線照射量を100%とした場合、日の当たる窓辺で約80%、日の当たらない室内でも約10%が入り込んでいるそうです。
紫外線にはA波とB波があるのですが、窓やカーテンで遮られるのはB波だけで、A波は通過して室内に入ってきてしまいます。
このA波は肌の表面だけでなく肌の奥まで到達し細胞を傷つけるので、シミやしわ、たるみの原因になってしまいます。
つまり、家の中だからといって安心せずに紫外線対策を行わなければいけないのです。

室内での日焼けを防ぐ方法をご紹介します

まずはじめに、日焼け止めにはSPFやPAと表示されているのはご存知ですよね。
SPF=UVBの防止効果、PA=UVAの防止効果を表しています。
なので、室内での日焼けの原因となる紫外線A波を防ぐためには、PAの表示を見てもらえればOK!
次に日焼け止めの表示を見るとPAの横に「+」のマークがいくつかありますが、「+」のマークが多いほど強力です。
しかし、強力なものを塗ると効果は高いのですが、落とすときに洗浄力が強いものを使わないとなかなか落ちないため肌に負担をかけてしまいます。
室内で使用する時は、PA++くらいがオススメです。
部屋の中にいても、汗や摩擦で落ちてしまうのでこまめに塗り直してください。
ただ、お肌が敏感な方は肌が荒れてしまうこともありますので、UVAを通しにくいカーテンなどを取り付けたり、お肌に負担の少ないものを選んでみてください。

いかがでしたか?
室内にいても日焼けするなんて紫外線は侮れないですね。
外出しない日も朝起きたらすぐに日焼け止めを塗ることで、室内での日焼けを防止しましょう!
また、室内で着る服も黒色などの色の濃いものを選んだり、薄手の長袖を着るなどすると紫外線対策になります。
少し面倒くさいですが、この努力がシミやシワ、たるみを防ぐことに繋がるので一緒にがんばりましょう!
関連キーワード

関連記事