「美を遠ざけるオリーブオイル」とは?逆効果になるNGポイント

「美を遠ざけるオリーブオイル」とは?逆効果になるNGポイント

オリーブオイル美容法に注目が集まる中、誤った活用をしてしまうと、美に有効的なオリーブオイルがむしろ美の邪魔者になるので、注意が必要です!

美のために正しいオリーブオイルを厳選しよう!

オリーブオイルは、健康・美容効果がとても高いと言われています。
しかし、いざ購入しようとすると、スーパーやインターネット通販でも種類がたくさんあるので、どれを選べば良いのか迷ってしまう方が多いと思います。
そこで、美容に有効的なオリーブオイルを選ぶためのヒントをお伝えします。

まず、オリーブオイルは大きくわけて3種類あります。

1.エクストラバージンオリーブオイル
エクストラバージンオリーブオイルは、オリーブをそのまま絞った最も身体に良いオリーブオイルです。加工・加熱が一切されていないので、オリーブの良い成分が活かされています。
また、「未加熱搾汁」の表示があるオリーブオイルも、漢字の通り未加熱のため酸化していません。そのため香りも良いです。
これらは、そのままスプーンで摂取することができます。

2.ピュアオイル
次に良いのは、ピュアオイルです。バージンオイルと精製オイルを混ぜたオリーブオイルです。
すでに抽出されたものを混ぜるので、エクストラバージンオリーブオイルよりも品質が劣ります。

3.精製オリーブオイル
バージンオイルを精製(脱酸、脱臭、脱色など)した化学的製法のオリーブオイルです。そのため無味無臭です。しかし、サラダオイルよりは品質が良いと言われています。

このように、それぞれの種類に特徴があり、身体への効果にも差が出てくるので、美に良いとされるオリーブオイルを選ばないともったいないです。
ぜひエクストラバージンオリーブオイルを選ぶようにしてみてください。

実は間違っている!? 美を妨げる保存方法

みなさんは正しい保存方法を知っていますか?

オリーブオイルは、他の油よりも酸化しにくいとされていますが、酸化をしない訳ではありません。酸化が進行すれば、美容効果は薄れて、むしろ害のあるものになってしまうのです。
このため、保存の仕方はとても重要なのです。

以下は、オリーブオイルの「誤った保存方法」なのでチェックしてみてください。

1.容器がペットボトル
オリーブオイルは繊細なので、空気に触れると酸化してしまいます。
ガラス瓶で保存し、開封後は早めに使用しましょう。

2.容器の色が透明
オリーブオイルは、光に当たると成分が分解されてしまいます。
濃い緑・茶色の容器を選びましょう。

3.温かい場所・冷蔵庫で保管
正しい保存場所としては、酸化を防ぐために日の当たらない冷暗所が適しています。
冷蔵庫では冷え固まる可能性があるので、必ず常温で保存しましょう。


これらのことを知らずにオリーブオイルを使用していると、どんどんオリーブオイルは酸化して美を遠ざけていきます。
せっかくのオリーブの恵みを台無しにすることなく、オリーブオイルを効果的に摂り入れましょう!
関連キーワード

関連記事