夏はアイスが美味しい季節!ダイエットの味方になるアイスとは!?

夏はアイスが美味しい季節!ダイエットの味方になるアイスとは!?

夏はアイスが美味しい季節ですね!でもアイスは太るというイメージが強いものです。ダイエットもしたいけど、美味しいアイスも食べたい方必見です!

ダイエットの敵?アイスについて知っていますか?

ダイエットについて考えるにあたり、まずはアイスの種類について見ていきましょう!
アイスには大きく分けて4つの種類があります。アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス、氷菓です。それぞれの特徴は以下の通りです。

*アイスクリーム
乳固形分が15.0%以上であり、乳脂肪分が8.0%以上。ミルクの風味がよく感じられます。

*アイスミルク
乳固形分10.0%以上で乳脂肪分3.0%以上。アイスクリームよりは乳固形分も少なく、味も少しあっさりとしているように感じられます。

*ラクトアイス
乳固形分3.0%。材料に植物脂が使われることもあります。

*氷菓
上記以外のアイスをさします。乳固形分はほとんどないものが多く、アイスキャンディーやかき氷がこれにあたります。

このように見ていくと、乳固形分の少ないラクトアイスや氷菓がカロリーは低そうですよね?
しかし、この中で一般的に100gあたりのカロリーが一番高いのはラクトアイスなのです!ラクトアイスは乳固形分が少ない代わりに植物性の脂を使うのでカロリーが高くなりがちです。
カロリーが高い方から順にラクトアイス→アイスクリーム→アイスミルク→氷菓となります。

ダイエットにおススメのアイスの食べ方、選び方

これでアイスの種類が分かりましたね?やはり氷菓はカロリーが低いのでダイエットにはおススメです。
また、やはりアイスのミルク風味を感じたい!という方におススメなのは砂糖不使用のカロリーコントロールアイスです!こちらは80キロカロリー以下やなんと40キロカロリー以下のアイスも出ているので是非チェックしてみてください。

アイスは脂肪分がエネルギーとして燃焼されやすいとも言われています。アイスを食べて冷えた体は体温を元に戻そうし、その時に脂肪が燃焼されるのです!

アイスを食べる時間帯も少し気を付けてみるといいでしょう。1日で最も体温が高いのは15時から18時の間と言われています。この間にアイスを食べると一度体温が下がり、元の高い体温に戻そうとするので、エネルギーとして燃えやすくなります。

ダイエットしながらでもアイスは食べていいなんて夢のような話ですね!暑い夏も美味しいアイスとともに乗り切りましょう!
関連キーワード

関連記事