あなたのニオイ大丈夫?デリケートゾーンの正しいお手入れとは

あなたのニオイ大丈夫?デリケートゾーンの正しいお手入れとは

面と向かって聞くのは恥ずかしい、でも知らないと大変な事に…。
デリケートゾーンの正しいお手入れ方法をマスターし、快適な夏を送りましょう!

デリケートゾーン「ニオイ」の原因は?NGなお手入れをチェック

汗やムレの気になる季節。
だけど、デリケートゾーンのお手入れ方法、意外と間違っている人も多いのだとか。

次のチェックに当てはまる項目のある方は、残念ながら正しいケアができていないかもしれません。

・表面だけを洗い流している
・ボディソープで洗っている
・スポンジで洗っている
・毎日洗っているのに、痒みや独特のニオイがある
・菌が減ると聞いたので、熱いお湯で洗っている
・何もつけない方が良いと聞いたので、お湯で流すだけにしている

上記の中に1つでも思い当たるものがあった方は、要注意。

そもそも「デリケートゾーンのニオイ」は、雑菌の繁殖によって引き起こされます。
おりものなどの分泌物が、アンモニアを含む雑菌や汗と反応を起こし恥垢となります。
この恥垢は、アンダーヘアや内部の方にこびりついているため、表面だけを洗い流しても綺麗になりません。
かといって、ごしごし洗うのも逆効果。
強くこすりすぎることで良い菌まで洗い流してしまい、痒みや病気の原因にもなりかねないからです。

デリケートゾーンの正しいお手入れ方法って?

女性の身体はとてもデリケート。
男性より女性の方が複雑な構造をしており、その分、汗や汚れも溜まりやすく落ちにくいのです。
そんな、デリケートゾーンの正しいお手入れ方法とは?

【1、アンダーヘアの処理に気を遣う】
人によって個人差はありますが、アンダーヘアにこびりついた恥垢もニオイの原因に。気になる方は、適度な長さにカットするなどお手入れをしてみてください。
また、デリケートゾーンは高温多湿のため、つい不衛生になりがちです。
長さや量など、定期的なチェックを心がけましょう。

【2、しっかり泡立て、指を使って洗う】
お湯だけで洗い流すのは、ニオイが残ってしまう原因に。
デリケートゾーン専用のケア用品を使い、しっかり泡立てて洗うのがポイントです。
選ぶ時のポイントとしては、自然由来の洗浄剤を使用し、かつpHバランスにもしっかり配慮されているものを使うこと。
また、スポンジだと、細かなところをつい見落としがち。
最初にアンダーヘア、次にデリケートゾーンの順番で、必ず指を使って洗っていきましょう。

【3、前から後ろに洗っていく】
優しく丁寧に指で洗っていくのがポイント。
洗顔をイメージすると分かりやすいのですが、必要以上にごしごしこすり洗いはしませんよね。
前から後ろに向けてなでるように洗うことで、傷つきやすい部分を守りながら、しっかり洗うことができます。

【4、ぬるま湯で洗い流す】
繊細なデリケートゾーンは、熱いお湯だと刺激が強すぎてしまいます。
ぬるま湯で洗い流してあげることがポイントです。
また、泡が残らないよう、すすぎは丁寧に。

持っておくと便利!外出時に使える、デリケートゾーンのケア用品

ちなみに、外出時にはシートタイプのケア用品がオススメ。
汗ふきシートと同じ要領で使うことができるので、とてもお手軽です。
汗やムレ、ニオイなどが気になったときにさっと拭けるのも嬉しいポイント。
また、ワキや足など全身に使用することもできます。
拭き終わった後の爽快感は、病みつきになるかも。

いかがでしたか?
正しいお手入れ方法を知り、ストレスのない夏を過ごしましょう!

関連記事