夏でも冷えに要注意!なぜ女性は身体を温めないといけないのか

夏でも冷えに要注意!なぜ女性は身体を温めないといけないのか

夏は暑いですが、油断大敵!実は身体は徐々に冷えているんです。女性の大敵である冷えをこの夏、徹底的に解消しましょう!

夏でも冷える?女性の大敵【冷え】を考えよう

夏は気温や湿度が高く、過ごしにくいのでどうしても冷たいものを食べてしまいますよね。しかし、身体の表面は暑くても、内臓や筋肉は恒温なので冷たいのもばかり食べていたら冷えてしまいます。それに、特に女性は身体を冷やすことはよくありません。

【なぜ身体を冷やすことはよくないか?】
女性は身体の構造上、筋肉が少なく脂肪が多いので、エネルギーを作りにくくなっています。脂肪は熱を閉じ込める働きをしているので、暑いときは防熱剤のような働きをしていますが、逆に冷えると保冷材のような役割にもなってしまいます。つまり、身体が冷えると脂肪も冷え、脂肪が覆う筋肉のエネルギー消費を邪魔します。その結果、代謝率が悪くなり脂肪が付き、太る原因にもなります。


身体を冷やすと基礎代謝が悪くなり、痩せにくい身体になり、新陳代謝もダウンするので、むくみやくすみなど美容の面にも良くない影響を与えます。暑い夏を涼しく快適に過ごしながら、身体を冷やさないで夏を楽しく過ごすことはできないのでしょうか?

夏にできる冷え対策とは?

ここでは、身体を冷やさずに快適に過ごす生活の方法をご紹介していきたいと思います。

【食べ物】
暑いと、かき氷やアイスなど冷たいものを食べてしまいますが、本当に身体は芯から冷えてしまいます。ここでオススメなのが夏野菜です。キュウリやナスやゴーヤは身体の体温を下げ、ほてりを内側から取ってくれます。食べることでエネルギー消費もされ、身体を冷やさずダイエットも出来ます。しかし食べ過ぎはやはり冷えの元になるので注意しましょう。

【冷房】
昨今では、部屋の中でも熱中症が起きるため、健康のためにも冷房をつけていますよね。しかし、つけっぱなしでいると温度差に対応できず、自律神経が乱れてしまい、自分で温度調節が出来なくなってしまいます。その結果、冷房の部屋にいる冷えたままの体温になり、冷えてしまいます。また、自律神経の乱れから外に出たときに、体温調節が出来ず、逆に熱中症になりやすくなります。28℃を目安に冷房の温度管理をしましょう。

【足首・手首・お腹を温める】
冬のように着込む必要はありませんが、この3つのポイントを温めることで血流がよくなり、冷えは解消されると言われています。冷房の効きすぎた部屋にどうしてもいなくてはいけない場合でも、靴下や夏用の腹巻を。首は、ハンカチを当てておくだけでも違うので冷やさないように、血行を良くして冷えを防ぎましょう。


【冷え】は、健康だけでなく、むくみやくすみの原因にもなり美容にも悪い影響があります。夏は、少しの簡単な手間で冷え知らずの体になりませんか?
冷え知らずの夏を送ろう
関連キーワード

関連記事