カサカサかかとが一晩でツルツルに!? 夏のニベア青缶の使い方

カサカサかかとが一晩でツルツルに!? 夏のニベア青缶の使い方

夏は気温も高く湿気も多く乾燥しないはずなのに足のかかとはカサカサになります。しかし、やっぱりニベアの青缶がツルツルにしてくれるんです。

足のかかとがカサカサになったらすぐ二ベアを!

夏は暑く汗をかき、また気温や湿気が高いのでじめじめするのに、なぜか足のかかとはカサカサしてしまいませんか?その原因は、元々かかとは体を支えるため角質ができやすくなっている上に、夏によく履くサンダルは靴のようにかかとをしっかり固定しないので、かかとが動く度により角質が硬くなってしまうからなんです。夏は裸足になる機会も多いのでしっかりケアをしましょう。

かかとのカサカサにはこれ!ニベアの青缶

そのかかとのカサカサに効くのが【ニベア】なのです。某高級保湿クリームと成分が似ているとも言われており、ニベアの保湿効果は様々なところで高い評価を得ているようです。そんなニベアは冬だけでなく、夏にも使いたい優秀なクリームなのだとか!ではさっそく、ニベアを活用したかかとのケア方法を紹介します。

【準備するもの】
・ニベア
・靴下(つま先を切ったもの)

【使い方】
1、お風呂後や足湯の後のまだ足に湿り気が残っている間にニベアをたっぷり塗る
2、靴下を履く

翌朝にはしっとりしていることにびっくりします。冬はかかとケアのためにフットパドルで角質を削ってから保湿をしたほうが良いのですが、夏は削ってしまうと、また角質が硬くなりやすくなるので、保湿だけに力を入れましょう。

夏のツルツルかかとは憧れますよね。今夜からニベアをしっかり塗って、カサカサかかととおさらばしましょう。
カサカサかかとからツルツルかかとになろう

関連記事