ダイエットに逆効果!? そうめんには◯◯が…夏の意外な落とし穴

ダイエットに逆効果!? そうめんには◯◯が…夏の意外な落とし穴

そうめんと言えば、夏の風物詩。涼やかでヘルシーなイメージですよね。
でも実は、ダイエットの大敵◯◯がとても多く含まれているのです…。

そうめんを食べると太る?ダイエットに向かないワケ

夏の食べ物の中で、好きなものの1つがそうめんだという方。
ヘルシーだと思って積極的に食べていたものが、実は逆効果だったら…とてもショックですよね。

【そうめんは高カロリー&高糖質】
実は、糖質の多い食品の中では上位にランキングしているそうめん。
ご飯に比べて、カロリーも高めなんです。
具体的な数字で見てみましょう。

・そうめん一人前(二束・約100g)…カロリー324kcal・糖質約70g
・茶碗一杯(約140g)…カロリー235kcal・糖質約55g

単純に計算して、ご飯よりもそうめんの方が糖質、カロリー共に高いことになります。
そういう点から、そうめんはダイエットには不向きな食材の1つなんです。

ダイエットの落とし穴。そうめんの特徴&気をつけたいポイント

血糖値の急上昇はおデブの元。
糖質の多い食品を摂る時は、量と食事のスピードに気を配ることが大切です。
ところがそうめんには、こんな特徴が…。

・調理が簡単
・あっさりとして口当たりが良い
・あまり噛まなくても飲み込める(細麺)
・麺つゆ(甘味)と薬味だけで食べられる

なんといっても、そうめんは「おかず」を必要としない食品です。
炭水化物だけを摂ることで、どうしても高カロリー・糖質過多になってしまいがち。
とはいうものの、夏の風物詩を味わいたい気持ちもありますよね。

【気をつけたいポイント】
そうめんを食べるときのポイントは、次の3つ。

・サラダを先に食べるなど、食べる順番を工夫する
・主菜や副菜など、他の食材と一緒に食べる
・よく噛み、ゆっくり味わって食べる

何事もガマンのし過ぎは良くありません。ダイエット中だけど、どうしてもそうめんが食べたい!
そんな方は、自分なりのヘルシーな味わい方を見つけてみてくださいね。

関連記事