夏は便秘に注意!原因と改善策

夏は便秘に注意!原因と改善策

夏になると便秘がひどくなる人は要チェック!なぜ夏になると便秘になるのでしょうか。
原因と解消法について説明します。

夏になると便秘になる原因

1.「水分不足」
夏になると、暑さからたくさん汗をかきます。汗をかけば、その分、体の中にある水分が不足してきます。
不足した水分は、補給しなくてはいけません。水分が不足すると、硬い便になり、便が排出しづらくなる原因になる可能性があります。

2.「食欲不振」
暑い夏は夏バテになりやすく、食欲不振になってしまうものです。食欲がなくなれば必要な栄養素が吸収できなくなり、便秘しやすくなります。

3.「クーラーによる冷え」
クーラーが効いている冷えた室内は、体も同時に冷やしてしまいます。体が冷えていると、血液の流れが悪くなり、腸の機能が弱くなってしまうんです。
オフィスで働いている人は、体を冷やさないよう薄手のカーディガンやブランケットを常備して体温を調節しましょう。

夏の便秘対策と解消法

食生活を見直してみましょう。食事を変えて、便を出しやすくすれば、夏の便秘をしのぐ事ができるでしょう。
まず便が固い時に摂り入れたいのは、水溶性の食物繊維。水分を与えて柔らかくする効果を持つと言われている水溶性の食物繊維を摂取することで、硬い便を緩和することにも繋がります。
海藻類などがヘルシーで特におすすめですよ。

また、オリーブオイルを摂取すると、力を入れなくてもスムーズに排便できるようになるのだとか。
オリーブオイルの目安はスプーン2杯くらい。サラダや納豆に直接かけるなど、食事の際に食べやすいよう取り入れてみましょう。
関連キーワード

関連記事