すっきり小顔

もう怖くない!突然のむくみは朝の応急処置ですっきり小顔

朝起きると顔がむくんで、目が腫れぼったくなったという経験は誰しもあるはず。顔がむくむとメークが決まらず、外にも出たくなくなります。そこで忙しい朝でも実践できる、むくみ解消テクを紹介します。

顔のむくみ、まずすべきこととは?

むくみは滞っている水分を流すことが大事で、顔の血行を良くするフェイスマッサージが効果的です。朝、化粧水と美容液、乳液まで塗り、油分を多く含んで滑りが良い状態でマッサージを行います。マッサージをするとむくみ知らずのお肌になれるだけではなく、スキンケアでつけた乳液などが手の温かみでお肌に浸透するので、ただ塗るよりも美肌効果が期待でき、化粧のノリも断然にUPします。

【動画】朝のレスキューマッサージでむくみ解消

顔のむくみ応急処置ですっきり小顔

マッサージ手順

STEP①
片方の手でこめかみ辺りをしっかり支えて顔を引っ張る。反対の手で眉間から小指一本で顔を流していく。この動作を10回繰り返す。この時、顔の皮膚を引っ張らず、ゆっくり伸ばしていくような感じで行うのがポイント。10回終わったら、手を持ち替えて反対側も同様に繰り返す。

STEP②
おでこの皺を伸ばす。眉間の部分は表情のしわがよりやすいので、しっかり伸ばしましょう。眉間に手を当てて、マッサージというよりもゆっくり頭に向かって伸ばしていく感じで行うのがポイント。

STEP③
眉間の後はおでこ全体を眉毛から髪の生え際に向かってゆっくり伸ばしていく。

STEP④
おでこの次は顔の下半分の老廃物を流します。片方の手で顔を支えて、鼻の脇に反対側の手の小指を当てて、耳に向かって流していく。この動作を10回繰り返す。10回終わったら、手を持ち替えて、反対側も同様に繰り返す。

STEP⑤
首の老廃物を流す。手をグーにして耳の下に当て、鎖骨に向かってゆっくり首をほぐしていく。ここは少し力強く、気持ちいいなと感じるぐらいの強さでゆっくり何度もほぐす。最後は鎖骨に向かってゆっくり流して、首にたまった老廃物を鎖骨から外側へと流す。

STEP⑥
テーブルに両肘をつき、手のひらを広げ、その中に顔をゆっくり埋める。頭の重さを手のひらで受け止めて、ゆっくり深呼吸しながら10秒数える。手のひらにたまった老廃物を開放するようなイメージで、起き上がりながら一気に手を離す。

顔のむくみは小顔の大敵!突然のむくみにも慌てないで。このマッサージをすることでかなり解消されるはず。そして毎日、朝のスキンケア後のフェイスマッサージを習慣づけていきましょう。

関連記事