知らないと怖い! 空腹時の本当のカラダのサイン!

知らないと怖い! 空腹時の本当のカラダのサイン!

無性に甘いものが食べたい!しょっぱいものが食べたい!といった時の、本当のカラダからのサインの意味知っていましたか?

本当のカラダのサインを把握し栄養バランスを見直そう!

誰でも突然甘いもの、しょっぱいものが食べたくなり我慢できなくなるという経験はありますよね?
疲れているから、糖分or塩分が足りていないから、と勘違いし感じるままに食べ物を摂取し安心していませんか?
実はそこで誤解をしている可能性があります!
無性にカラダが何かを欲している時にそれぞれどの栄養素が足りていないかの正確な情報は実はあまり認知されていません。
正確な必要栄養素をきちんと把握し、栄養バランスに気をつけるよう心がけるため、カラダのどういったサインがどんな意味を示すのかを今回ご紹介します。

○○がほしくなったら、△△を摂取せよ!

では、早速どういった例があるのか、具体的にみていきましょう!


◎チョコレート、酸っぱいもの⇒ 【マグネシウム】
マグネシウムは、人の体が正常に機能していく中で欠かせない元素の1つです。
<マグネシウムを多く含む食品>: 玄米、アーモンド、大豆、セロリ、 リンゴ、ほうれん草、ひじき、抹茶など

◎パンなどの炭水化物⇒ 【窒素】
人間のカラダの20%はアミノ酸でそのアミノ酸には窒素が含まれており、人間の体を作る上でとても重要です。また、不要となった窒素は、尿や、便として排出されます。窒素が足りない場合は高たんぱく質のものを食べるようにします。
<高タンパク食品>: ヒレ肉、豚もも肉、鶏肉、サバ、サケ、マグロ、カツオなど

◎氷⇒ 【鉄分】
鉄分は血液の中で赤血球のヘモグロビンの成分になって酸素を運搬する役割があります。
<鉄分を多く含む食品>: レバー、あゆ、牛肉、あさり、卵の卵黄など

◎コーヒー、紅茶⇒ 【塩分】
塩分は主に人間の血液や消化液などに含まれ、生命維持に不可欠といわれています。
<塩分摂取法>塩、リンゴ酢(塩をそのまま摂取よりもヘルシー)

◎アルコール⇒ 【カリウム、タンパク質、グルタミン】
カリウムはミネラルの1つで、腎臓でナトリウムを排出し血圧を下げるなどの役割をします。
タンパク質は体内に約3~10万種あると言われており、髪や肌などあらゆる組織を作っているとても重要な物質です。
グルタミンはアミノ酸の1つで必要量がとても多く、あらゆる組織・器官にとって重要な物質です。
<カリウムを多く含む食品>: 海藻、かぼちゃ、グリーンアスパラ、ミニトマト、にら、なす、ゴーヤなど
<タンパク質を多く含む食品>:ヒレ肉、豚もも肉、鶏肉、サバ、サケ、マグロ、カツオなど
<グルタミンを多く含む食品>:きな粉、大豆、サプリメント。
※グルタミンは必要な量を体内で十分に作ることがなかなかできないため、サプリメント摂取が◎

◎炭酸飲料⇒ 【カルシウム】
カルシウムはもちろんご存知の通り、ホネの主成分ですね。また、血液中のカルシウムは心臓や脳を動かす大切な役割を果たします。
<カルシウムを多く含む食品>: 牛乳、ヨーグルト、チーズ、豆腐など

◎生理前の食欲異常⇒ 【亜鉛】
これは女性特有の悩みの1つですね。生理前になると食欲旺盛になってしまいついつい過食気味に。
そんな時はたんぱく質の合成や骨の発育などに欠かすことのできない必須ミネラルである亜鉛をなるべく摂取するようにしてみましょう。また女性は亜鉛が欠けてしまうと生理不順などに影響してしまうため十分注意しましょう。
<亜鉛を多く含む食品>: 牡蠣、うなぎ、牛肉、チーズ、レバー、大豆、納豆
空腹時のサイン
いかがでしたか?普段のカラダのサインの本当の意味、勘違いしていた人が多かったはずです!
今後はカラダに欠けている栄養を理解し、さらなる栄養バランスのとれた健康ボディを作りましょう!

関連記事