冬、身体が冷えないために夏にしておくことは簡単なこの2つ

冬、身体が冷えないために夏にしておくことは簡単なこの2つ

夏は冷房の効いた部屋に長くいたり、冷たい飲み物をたくさん飲んだりしてしまいますよね。しかし、その生活のツケは冬の身体にきます。

夏に身体を冷やすと冬にそのツケがくるって本当?

今年も夏の熱い日が続き、みなさんはどのような生活をしていますか?気温が高いので、冷房が効いた部屋で長時間過ごしたり、冷たい飲み物をたくさん飲んだりして暑さをしのいでいますよね。しかし、その生活は、夏の間は涼しく快適に生活が出来ると思いますが、そのツケはなんと冬に出てくるのです。

【体温が低くなる身体のしくみ】
人間は恒温動物なので、夏に間に身体を冷やしてしまうと内臓や筋肉は低くなった体温を覚えてしまいます。つまり、夏の間に冷えた身体が冬に余計冷え性を加速させてしまうということです。

冬は寒くなるのに、余計寒くなるなんて避けたいですよね。では、どのように対策をすればいいのでしょうか?

夏の間に冷えない身体作りをしよう

ここでは、身体を冷やさない簡単な方法をご紹介いたします。

【白湯を飲む】
ダイエットやデトックスの方法として有名ですが、体を冷やさないという観点でも白湯を飲むことは大切です。ダイエットやデトックスとして飲む場合と同じく80℃の白湯を100cc飲みましょう。1日3杯ほどが目安です。

【肩甲骨を回す】
肩に手を置き、肩を後ろに回しましょう。肩甲骨周りの筋肉がほぐれ、また褐色脂肪が燃焼し始めます。その結果、基礎代謝率が上がり、体温も上昇します。


簡単な方法で身体を冷やさず体温をキープできます。もう冬に向けて?と思うかもしれませんが、早めの対策で今年の冬はポカポカに過ごしませんか?
冷えない身体を作ろう

関連記事