美肌の秘訣は育菌!お肌の善玉菌を増やす方法

美肌の秘訣は育菌!お肌の善玉菌を増やす方法

最近、オーガニック化粧品等でよく取り上げられるようになった「育菌スキンケア」。お肌の善玉菌って?増やす方法は?その方法をまとめてみました。

育菌で美肌を目指す!皮膚常在菌の種類について

お肌の上で活動する細菌の数は、なんと1兆個以上と言われています。
顔だけでも約8,000万個の菌が活動していることになります。
腸内細菌と同じで、皮膚常在菌にも善玉菌や悪玉菌・日和菌(ひよりみきん)など様々な菌がおり、フローラ(花畑のような、様々な菌による集合体)を形成しています。
皮膚常在菌の中でも、pHを弱酸性に保ったり、皮脂や汗をエサにして脂肪酸やグリセリンを生み出して皮脂膜を作ったり、肌にいい働きをしてくれる菌のことを「善玉菌」と呼びます。
アルカリ性の石鹸で洗顔し、保湿もしないで放置しておいても、しばらくすればしっとりとしたお肌に戻る事ができるのは、皮膚常在菌の働きのためなのです。
そして、アルカリ性を好み、吹き出物や炎症、かゆみなどといった、肌に悪い働きをする菌の事を「悪玉菌」と呼びます。
また、肌環境により、善玉菌にも悪玉菌にも姿を変える、中立的なその他大勢を「日和見菌(ひよりみきん)」と呼びます。

育菌のために知っておこう!皮膚常在菌のバランス崩れによる肌トラブルについて

お肌には自分で回復する力があります。その力も常在菌と協力し合いながら発揮されています。
例えば、洗顔することで常在菌はほぼすべてが洗い流されますが、約1割の残った常在菌のうちの善玉菌が、時間をかけて増殖することで、お肌のpH値を弱酸性へと回復させています。
弱アルカリで作られた洗顔料を使ってきた健康な肌の人の場合、毛穴やキメの間に残った皮膚常在菌が増殖し、15~20分ほどで弱酸性の皮脂膜を形成します。これをアルカリ中和性と言います。
アルカリ性のもので洗ったときにピリピリしたり、つっぱり感が出てしまう方は、常在菌の働きが弱っている可能性が高いです。
そこで、ピリピリ感がある人は弱酸性の洗顔料を選ぶ事が多いかと思いますが、弱酸性のものばかりを使い続けていると、お肌を守っているようで、実はそれはお肌を怠けさせているだけで、皮膚が本来持っているアルカリ中和性や皮脂膜を形成する機能を弱くしてしまうとも言われているのです。
さらに、弱酸性の洗顔料は合成界面活性剤を使うことで、pH値を下げながらも洗浄力を保たせています。合成界面活性剤がお肌に残った場合には肌荒れの原因になり、長期的に見ると角質層の保湿機能を低下させてしまうおそれがあります。
しっとり洗い上がるからと使い続けてしまう事は、せっかく持っている肌本来の機能を低下させることに繋がります。お肌も健康な状態の時には弱酸性の洗顔料をやめ、弱アルカリ性の石鹸などに切り替えることをオススメします。

皮膚常在菌を増やすには肌断食!育菌スキンケアの方法

皮膚常在菌を増やす方法は簡単です。
何もしなければいいのです。
メイク、クレンジング、洗顔、スキンケアを止めれば、善玉菌が優位に育っていきます。
しかしそれは普段の生活で現実的とは言えません。そこでオススメなのが週1回の肌断食!
週末だけでもメイクやクレンジング、洗顔、スキンケアをお休みする日を作りましょう。
強い界面活性剤で皮膚常在菌を洗い流し、 防腐剤がたくさん入ったスキンケアで皮膚常在菌を殺菌。
皮膚常在菌はクリームなどに含まれるシリコンを食べてくれません。
しかし、これが一般的な女性のスキンケアではないでしょうか?
これでは皮膚常在菌は育たないですよね。
シリコンフリーのミネラルメイクを石鹸で洗い流し、皮膚常在菌を殺す防腐剤が使われていないスキンケアで保湿。
保湿成分はハーブウォーターや天然オイルなど。
それがオーガニックコスメの育菌スキンケアです。

関連記事