食事制限ナシ!梅干しダイエットで健康的に痩せよう

食事制限ナシ!梅干しダイエットで健康的に痩せよう

「食事前に1つの梅干しを食べるだけで脂肪が燃える」そんなこと、本当に…あるんです!TVでも紹介されたこちらのダイエット、詳しくご紹介します。

梅干しダイエットで痩せるわけ

食事前の一粒が脂肪を燃やす
梅干しの美容効果については、美BEAUTEでもご紹介している通りです。
さて、今回は梅干しのダイエット効果のみにクローズアップしていきたいと思います。どうして、梅干しで痩せることが可能なのでしょうか?

●バニリンで脂肪燃焼
梅干しにはバニリンという成分が含まれています。バニリンには脂肪細胞を小さくして燃焼を促す作用が期待できるため、梅干しダイエットで最も注目されている成分です。

●梅干しを温めるとムメフラールが生成
梅干しを温めると、酸っぱさの元である成分クエン酸と糖が結びつき“ムメフラール”という成分が作られます。ムメフラールの働きで注目していただきたいのが、その血流促進パワーです。
血流が滞っている部分は新陳代謝も鈍っており、脂肪が燃焼しにくくなっています。つまり、血流が改善するのに比例して痩せやすい体質になるということですね。

●ポリフェノールで脂肪吸収を抑える
梅干しに含まれるポリフェノールには、脂肪の吸収を抑える働きがあります。食事前に梅干しを食べておくことで、以降に食べるものの脂肪吸収を抑えてくれるんです。

梅干しダイエットのやり方

梅干しダイエットのメリットは、なんといってもその手軽さにあります。

■食前に梅干しを1つ食べるだけ
■食事制限なし

まさかの食事制限なし、というのが何より嬉しい点です。この2つのポイントを見ると「飽きずに続けられそう!」と思いますよね。そして、忘れてはいけないのがもう1つのポイントです。

■梅干しを温める

ご説明した通り、梅干しを温めることでムメフラールが生成されます。それに加えて、バニリンの量が約20%増加するというメリットも!これは、バニリンに似た“バニリングルコシド”という成分が熱で分解されてバニリンに変化するためなんです。

梅干しを耐熱容器に入れてラップで覆い、500Wの電子レンジであれば1分程度温めると加熱は完了です。一度温めた梅干しを冷やしても、ムメフラールやバニリンの量が減少することはないそうです。まとめて温めて冷蔵庫で保存しておくといいでしょう。

様々な美容効果に加えて脂肪も燃やしてくれる梅干し、この夏は毎日食べたい食材ですね!

関連記事