虫歯になりやすい食べ物vsなりにくい食べ物を知ってオーラルケア

虫歯になりやすい食べ物vsなりにくい食べ物を知ってオーラルケア

虫歯になりやすい食べ物とそうでない食べ物があること、ご存知ですか?オーラルケアの為に知っておきたい、食品にまつわる話をご紹介します。

虫歯の原因って?オーラルケアの為に知っておきたいこと

相手との距離が近づく季節。
スキンケアは大切ですが、オーラルケアにも気を配りたいところですよね。

お口トラブルの1つ「虫歯」の原因は、主に次の4つにあると言われています。

【虫歯の原因】
1、細菌…口内に存在する多くの細菌が、虫歯や歯周病を引き起こす
2、糖分…飲食に含まれる糖分を利用して、口内の細菌が「酸」を作り出す
3、歯…歯の質が弱いと、酸の影響を受けやすい(遺伝や生活習慣などによるため個人差がある)
4、唾液…唾液の分泌が少ないと、口内の細菌や酸の影響を受けやすい

私たちの口内には、数多くの細菌が存在しています。
その細菌が、食べ物の中に含まれる糖分を酸に変えて歯を溶かそうとします。
この時、歯の質が弱かったり唾液の分泌が少なかったりすると、うまく中和できず虫歯になりやすくなってしまうのだとか。

毎日のオーラルケアの為に!虫歯になりやすい食品とは?

それでは、虫歯になりやすいと言われている食べ物には、どんなものがあるのでしょうか?
代表的なものを見ていきましょう。

【虫歯になりやすい食品】
1、甘くてくっつきやすいもの
・キャラメルや飴
・グミ
・ケーキ
・チョコレート
・アイスクリームなど

2、口の中に残りやすいもの
・ポテトチップス
・ウエハース
・クッキーなど

3、酸性の高い飲み物
・グレープフルーツジュース
・飲むヨーグルト
・スポーツ飲料
・栄養ドリンク
・ワインやビール
・お酢(黒酢ドリンクなど)など

甘い食べ物には砂糖(ショ糖)が含まれています。
その中でも、歯の表面にくっつきやすい食べ物は、糖分がずっと口の中に残るので要注意。
また、酸性が高い飲み物にも注意が必要です。
飲む機会が多くなると、虫歯と同じ原理で、歯が溶け、減りやすくなってしまうのだとか。

いつもより時間をかけて歯磨きをする。飲んだ後は軽く口をゆすぐ。
これらの食品を摂ったときは、オーラルケアにより気をつけたいところですね。

食べ物からもオーラルケア!~「虫歯になりにくい食品」

次に、虫歯になりにくいと言われている食べ物を見ていきましょう。

【虫歯になりにくい食品】
1、果物類…イチゴ、ナシ、モモ、リンゴ、ミカン、ブドウ、キウイ、パイナップルなど

2、お菓子類…ゼリー、プリン、シュークリーム、おせんべい、チーズ、ナッツなど

3、魚介類…鮭、いわし、カツオ、イクラなど

4、キノコ類…マイタケ、キクラゲ、干しシイタケなど

果物にも果糖が含まれていますが、水分や繊維も豊富な為、口内に残りにくいです。
(ただし、バナナは糖度と粘度が高いので注意が必要)
また、ゼリーやプリンは歯にくっつきにくく、シュークリームなどは洋菓子の中では比較的砂糖が控えめの為、オススメです。
普段の食事では、カルシウムを多く含む魚介類や、その吸収を促すビタミンDを含むキノコ類を摂ることを心がけてみましょう。

いかがでしたか?
食べ物からもオーラルケアをして、笑顔の素敵な女性を目指しましょう!

関連記事