髪だってUVケアは必須!紫外線の影響と対策について

髪だってUVケアは必須!紫外線の影響と対策について

なんと髪は顔の5倍以上もの紫外線の影響を受けているのだそうです。顔や身体はもちろん、髪もしっかりとUV対策をしてあげたいですね!

紫外線は一体、髪にどんな影響を及ぼすの?

髪は、顔の何倍もの紫外線量を浴びているといわれています。
髪の毛は主に、アミノ酸(システイン)が結合したタンパク質でできています。しかし、この結合を分解してしまうのが紫外線です。そして、髪の表面を保護してくれるキューティクルがはがれていき、切れ毛、枝毛、裂毛などになっていきます。
さらに恐ろしいことに、紫外線は髪の毛の色の元になっているメラニン色素までもを破壊してしまうため、日焼けをすると髪の色が抜けて赤茶色になってしまうのです。
これは「光老化」と言われている現象で、紫外線を浴びた強さ、時間等と比例します。
これらのダメージを減らすには、紫外線を浴びすぎないことや浴びた後の速やかな対策が必要になってきます。

髪の日焼けを防ぐには?日焼けをしてしまったらどうすればいいの?

髪の紫外線対策のためには、日焼けを防ぐケアと日焼けをした後の両方のケアが必要です。
髪は死んでしまっている細胞なので、自己修復する力がありません。そのため、事前に紫外線を防ぐ事が重要なのです。

・日焼けを防ぐためのケア
日焼け防止には、日焼け止めを塗るのが一番です。
メトキシケイヒ酸オクチルなどは、色が白くならない紫外線吸収剤が使われているため、髪の紫外線対策にオススメです。
日焼け止めをつける時は、髪の表面だけなく、頭皮にもつけるようにしてください。
最近では、UVカット効果のある洗い流さないタイプのトリートメントや、髪用のUVスプレー等も多く出回ってきているのでオススメです。
日傘や帽子で、紫外線が当たるのを防げばなおさら万全です。できるだけUVカット加工されているものを選びましょう。

・日焼けをしてしまった後のケア
夏の日焼けでもっとも気をつけなければいけないのが海水浴の後。
海水には塩分や不純物等が沢山含まれているため、髪の水分が浸透圧によって失われ、内部が乾燥していきます。
紫外線を海水に濡れた状態で浴びると、髪のタンパク質が破壊されてさらに傷みやすくなります。海水で濡れた場合は、こまめにタオルオフをして、早く乾かすように気をつけましょう。
日焼けをしてしまったら、ダメージケア用のシャンプーやトリートメントでキューティクルを保護しましょう。日焼けした後は摩擦によってダメージが大きくなってしまうので、強いブラッシングはNGです。
関連キーワード

関連記事