8月の残暑に備えろ!快適に過ごす為の夏バテ対策をまとめました

8月の残暑に備えろ!快適に過ごす為の夏バテ対策をまとめました

夏の暑さはまだまだ続きます。皆さん、夏バテはされていないですか?
対策をしっかりと行って、元気に夏をのりきりましょう!

夏バテ知らず!快適に過ごす為の対策とポイント

【そもそも夏バテってどういう状態?】
「夏バテ」は医学的な用語ではありませんが、日本の高温多湿な日夏の暑さによって起こる体調不良をまとめた呼び方です。
自覚できる主な症状としては、「食欲がない」「疲れがとれない」「よく眠れない」などがあります。
高温多湿の環境の中で、体温を一定に保つために自律神経はフル稼働しています。そして疲弊した結果、自律神経の乱れを引き起こすことが原因と言われています。
また、エアコン等による冷えや、暑い屋外との温度差も自律神経を乱す一因になります。

【夏バテを改善するにはどうしたらいいの?】
大事なポイントは主に4つ。「水分補給」「バランスの良い食生活」「適度な運動」「睡眠」です。
特に「水分補給」は重要!
汗を沢山かくと、水分と塩分が失われます。失った水分と塩分を早めに補わないと、発汗が止まってしまい、体温が異常に高くなって熱中症を引き起こしてしまうため、喉の渇きを感じる前に、こまめに水分補給をするよう心がけましょう。

美容の基本は「健康であること」です。
夏バテを乗り切って、毎日を健康で楽しく過ごしたいですよね!

夏バテに効果的な食べ物を摂取しよう!

【枝豆】
枝豆には、ビタミンCやビタミンB1、たんぱく質が含まれているそうです。
塩ゆでするだけで手軽に食べられる上に栄養もあるため、夏バテの時におすすめの食材です。

【トマト】
夏野菜の1つでもあるトマト。リコピンやビタミンC、βカロテン、カリウムなど栄養素が豊富に含まれています。
トマトはさっぱりしているので夏バテの時でも食べやすい食材です。
食欲がどうしてもない時には、代わりにトマトジュースを飲むのも良いかと思います。

【梅干し】
クエン酸が豊富に含まれています。疲労物質である乳酸を分解して、体外に排出する働きがあります。


夏バテに効果的な食材や栄養素を組み合わせて、おいしく食事をしながら夏バテを解消していきましょう!
関連キーワード

関連記事