洗顔だけじゃダメ!低刺激クレンジングで肌ダメージを減らそう

洗顔だけじゃダメ!低刺激クレンジングで肌ダメージを減らそう

洗顔の肌ダメージだけではなく、クレンジングのダメージも考えていますか?素材別クレンジング剤の刺激をご紹介します。

クレンジングの肌ダメージ、すごいんです

クレンジングの肌ダメージ
「洗顔料はもこもこに泡立てる」「指ではなく泡で顔を洗う」等、洗顔をするときの肌ダメージを減らすポイントはよく言われますが、クレンジングのダメージについても考えていますか?
メイクを落とすためにこすることが多いクレンジングは、洗顔よりもさらに肌に負担を与えるケアです。今回は、クレンジング剤の種類別にその刺激の高さについてご説明していきたいと思います。

クレンジング剤、刺激の弱い順ランキング

クレンジング剤の刺激の強さはメーカーや製品ごとに異なりますが、種類(オイル、ミルクなど)で刺激の強弱は大まかに分かると言ってもいいでしょう。
では、刺激の弱いものからご紹介していきますね。

1.ミルク
2.クリーム
3.ジェル
4.オイル
5.クレンジングシート

お肌のためには低刺激のクレンジングがいいのは言うまでもありませんが、刺激の強さに比例してその洗浄力も強くなっていきます(クレンジングシートを除く)。ウォータープルーフのファンデーションや日焼け止めをミルククレンジングで完全に落とすのは難しいですよね。
それどころか、お肌に化粧品等の成分が残って肌トラブルの原因になってしまうんです。

大切なのは、その日のメイクに合わせてクレンジング剤を使い分けていただくことです。薄いメイクの日にはミルククレンジング、しっかりメイクの日にはオイルクレンジングを使うなど、メイクを落としきれる範囲で低刺激のクレンジング剤を使うようにしましょう。

そして、面倒でもクレンジングシートの使用は肌をより擦ってしまいがちですので、控えるのがベストです。夜行バスや飛行機など、特別なシチュエーションのみの使用にとどめておきましょう。

関連記事