甘いものが食べたい!ダイエット中にしたい「3つの対策」って?

甘いものが食べたい!ダイエット中にしたい「3つの対策」って?

ダイエット中なのに甘いものが食べたい…そんなあなたにお届けする「3つの対策」!
心や身体と上手に付き合いながら、健康美人を目指しましょう。

なぜ甘いものが食べたくなるの?ダイエット中に知っておきたい事

甘いものが好きな女性にとって、誘惑に打ち勝つのは大変なこと。
そもそも、どうして無性に甘いものを食べたくなる時があるのか知っていますか?

【甘いものが食べたくなる理由】
(1)過度のストレス
ダイエット中は、食事制限をする方も多いはず。
制限にはどうしても「我慢」がつきもの。
だけど、我慢のし過ぎは過度のストレスに繋がりやすいのです。

ストレスを感じている時、私たちの脳では「幸せホルモン(セロトニン)」の減少が起こっています。
ダイエット以外にも、仕事や人間関係などストレスの原因はさまざまです。
過度のストレスを感じた時、気持ちの安定に欠かせないセロトニンを回復させようとして甘いものを欲してしまうのだとか。

(2)疲れている時
疲れた時ほど、甘いものに手が伸びてしまう。
そんな経験、誰でも一度はあるのではないでしょうか。
疲れを感じた時は、疲労物質を取り除いてくれるエネルギー源を身体が欲しているとき。

そして、甘いものに含まれる糖質には「即効でエネルギー源に変わる」という特徴があります。
そのため、つい甘いものを求めてしまうのだそう。

(3)砂糖への依存
私たちの生活に身近な砂糖には、実は多かれ少なかれ中毒性があると言われています。
砂糖を摂ると、脳内ではセロトニンやドーパミンの分泌が促進され、気分が一時的に落ち着きます。
それを身体が覚えてしまうと頻繁に欲しくなり、依存状態になると言われています。
もっと程度が進むと、禁断症状まで起きてしまうのだとか。

ダイエット中に甘いものを食べない為に。オススメの対策って?

では、どうしたら甘いものの過食に走ることなく過ごせるのでしょうか。
オススメの対策を見ていきましょう。

【3つの対策】
(1)適度な運動をしてみる
たとえ空腹を感じていても、軽く身体を動かすだけで食欲が和らぐ。
こんな経験したことがある方も、きっと多いのではないしょうか。
特に甘いものを欲している時は、なるべく階段を利用したり柔軟体操をしたりするなど、普段より気持ち多めに身体を動かすのがオススメ。

(2)疲労回復のための栄養素を摂る
日々の食事では、なかなかバランス良く栄養を摂るのは難しい。
そんな時は、疲れた時の疲労回復に繋がる栄養素をサプリメントなどで補ってあげましょう。
タンパク質やビタミンB1、マルチビタミンなどが疲労回復に効果的と言われています。

(3)ストレス解消法を見つける
メンタル面でのケアを、食欲で満たすのではなく他の行動で満たしてあげましょう。
たとえば散歩をする、読書をする、観劇をする、ダンスをする、音楽を聴く、など、自分の興味・関心のあるものほど気分転換になるのでオススメです。
心の安定が、過食から遠ざかるための一番のポイントと言えるのかもしれませんね。

特別だったり特殊な対策は、長続きしにくいと言われています。
美の秘訣は「細く長く」。
そしてそれは、オーソドックスと思われている対策の中にこそあるのではないでしょうか。

甘いものを欲してしまう理由と対処法を理解して、健康美人を目指しましょう!
関連キーワード

関連記事