睡眠は最高の美容液!ぐっすり眠れる”理想の1日”の過ごし方

睡眠は最高の美容液!ぐっすり眠れる”理想の1日”の過ごし方

夜が長くなる秋こそ、眠ってキレイになれる睡眠美容を始めませんか? 人気リゾートホテル「星のや竹富島」で体験できる、ぐっすり眠るための理想的な1日をご紹介します。
美人をつくる眠りの旅「星のや竹富島」後編

星のや竹富島でぐっすり眠ってキレイになる!

「星のや竹富島」がプロデュースする”眠り”の滞在型スパプログラム「ぐっすりにーぶい滞在」。1日目を終えた翌朝、少し汗をかきながら起き上がると…あれ? 体が軽い…! 感動するくらい軽い! 肌の調子もいいし、白目もきれい。むくみもなく全身がスッキリ。ぐっすり眠るってこういうこと!?

ツヤ肌、キラ髪といった美人のカギを握る”若返りホルモン”は、眠っている間に分泌されるといいます。上質な眠りがもたらすパワーを実感した2泊3日の滞在模様をお届けします(1日目のレポートは下記にて配信中)!

「ぐっすりにーぶい滞在」2日目スタート!

不眠の原因となりがちなのが体内リズムの乱れ。正常に整えるには、毎日同じ時刻に起きることが大切。滞在中は、毎日6時の起床を心がけます。2日目は、起きてすぐ金色の朝日が昇るアイヤル浜へ! 澄み渡る風を深く吸い込んで、島の朝が始まります。
深呼吸と島ごはんではじめる朝時間
深呼吸と島ごはんではじめる朝時間
朝ごはんは、力強い太陽の光を浴びた野菜やフルーツをモリモリ食べて元気に活動する島の畑人(はるさー)にならった「畑人の朝ごはん」。写真は海・天・地の9品が贅沢な沖縄伝統の重箱料理「御三味(ウサンミ)」とビタミンたっぷりのフルーツジュースです。

ちなみに、星のや竹富島ならではのスペシャルな朝を味わうなら、午前6:30にスタートする「水中瞑想浴」を体験する手もあります。
究極のアクアセラピー「水中瞑想浴」
究極のアクアセラピー「水中瞑想浴」
これは、温水プールの中で足に浮き具をつけ、水の抵抗を使ってストレッチを行うもの。世界40国のスパや医療機関などでも用いられているそうです。

インストラクターの手技に身を任せ、天女気分でユラユラと水面を回転していると、水と体の境がわからなくなるような深い瞑想状態に。

施術後は頭も体もユルユル!「全身の筋肉が柔らかくなっているので、姿勢よく過ごすとその後も良い姿勢が保てます」とのこと。島の神々しい朝に溶け込んで無になれる、おすすめのアクティビティです(9月30日まで)。
キッチンガーデンで「にーぶい草」収穫体験
キッチンガーデンで「にーぶい草」収穫体験
昼はきっちり日光を浴びておくことも快眠のポイント。南国の力強い太陽が輝く中、15種類の命草(ぬちぐさ)を育てるキッチンガーデンで眠りに効果的な薬草「にーぶい草(クワンソウ)」を収穫しました。

お昼ごはんは「にーぶい草のお昼寝ブランチ」。パスタに絡むオレンジ色の具がにーぶい草の花びらです。食の面からも眠りの質を高める、スペシャルメニューです。
ハンモックの誘惑、島遊びの楽しみ
ハンモックの誘惑、島遊びの楽しみ
自由時間は、お部屋に戻ってそなえつけのハンモックの誘惑に身をゆだねて、眠りのパワーで体をメンテナンスするもよし。ゆんたくラウンジで「草木染ハガキ」などの島遊びを楽しむもよし。島民に教わる「竹富ミンサー織り」といったアクティビティに参加するのも楽しそうですよ。

せっかくの美ら島ですから、自転車での島めぐりもオススメ。民家エリアでは白砂を踏む水牛車とすれ違い、心を躍らせながら海へ!
竹富島の風景
赤い雲がたなびく夕暮れどきまで遊ぶと、心地よい疲れを感じて、夜の睡眠タイムが楽しみに。眠りを意識すると、日中の過ごし方も変わります。

1日の締めくくりは、青い芝の上で月の光に包まれて深呼吸。続いて、温かいプールに浮かび、満天の星空に浴する「てぃんぬ浮遊浴」。手が届くような近さで宇宙が広がり、体の中にもすっかり夜が来て、自然のリズムに溶け合いながら過ごす心地よさに驚きました。
【2日目の滞在スケジュール例】
6:30 うみそら深呼吸 〜海へお散歩〜
8:00 朝食(別料金)
11:00 にーぶい草収穫体験
12:00 にーぶいお昼寝ブランチ
13:00 にーぶいコーススパ2 〜ハンモックでお昼寝〜
18:00 夕日の眺め
19:00 夕食(別料金)
21:00 てぃんぬ浮遊浴
21:30 入浴〜就寝〜

【3日目の滞在スケジュール例】
6:30 よんなー深呼吸
8:00 朝食(別料金)
10:00 快眠コーススパ3
12:00 チェックアウト・眠りのコンサルテーション総括 (フィードバック)

星のや竹富島で実感した眠りの美容パワー

星のや竹富島「ぐっすりにーぶい」滞在
太陽の光とともに起き、夜が来たら眠る原始の体内リズムに戻ること。心ゆくまでリラックスすること。そして、眠るための空間を整えること。

これらを心ゆくまで追求して、子どものように深く眠った3日間。たった2晩でしたが、肌の手触りが変わり、体の久々に感じたかろやかさは劇的でした。

すっかり寝る楽しみに目覚めた私は、自宅に戻ってすぐに寝具と部屋の明かりを見直し、日中も積極的に歩くようになったほど。

星のや竹富島の「ぐっすりにーぶい滞在」は快眠ライフを始めるきっかけ作りにもぴったり。みなさんも、秋のしっとりとした気配に包まれた美しい離島で快眠ライフをスタートしてみませんか?
「星のや竹富島」情報
■星のや竹富島
「現代を休む日」をコンセプトに、星野リゾートが運営する日本発のラグジュアリーリゾート「星のや」ブランドの一つ。沖縄・八重山諸島に浮かぶ珊瑚でできた美しい島、竹富島の琉球赤瓦の集落。圧倒的な非日常、その土地ならではの文化をとりいれた世界観、極上のおもてなしが国内外から高い評価を受けている。
■星のや竹富島 公式サイト
http://hoshinoyataketomijima.com/
星のや竹富島 総合予約
TEL:0570-073-066

関連記事