テカテカするのに中はカサカサ!「インナードライ肌」に注意!

テカテカするのに中はカサカサ!「インナードライ肌」に注意!

「ちゃんと洗顔しているのに脂っぽい」「よくふき取っているのにテカっちゃう」こんなお悩みはありませんか?思い当たる人はインナードライ肌かも?

外はテカテカ、中はカサカサ!インナードライ肌の原因は「乾燥」にあった!

肌の表面は皮脂によってテカるのに、肌の水分量が少ないため、内側が乾燥している状態のことを「インナードライ肌」と言います。
一見、脂性肌と間違われやすいのですが、実際はその逆なんです。
乾燥が進むにつれて、肌はそれ以上の水分の蒸発を防ぐため、皮脂を大量に分泌して、厚い油膜で蓋をしようとします。
そのため、内側はとても乾燥しているのですが、外側は皮脂がたくさん分泌されているために気付きにくく、結果、肌トラブルを繰り返しやすくなるのです。

厄介なインナードライ肌。乾燥の原因は生活習慣にあり!

そもそもどうして乾燥してしまうのか、原因が気になりますよね。
この時期は特に紫外線によるダメージやエアコンによる空気の乾燥、間違ったスキンケアなどの外部的な要因はもちろんですが、ストレスや不規則な生活、偏った食生活といった内的要因も密接に関係しています。
こういった原因によって肌から水分が抜け出てしまい、内側が乾燥してしまうのです。

インナードライ肌かも?そんな時はしっかりと保湿してカサカサ対策を

温度も湿度も高いこの季節は、汗が出やすいこともあって、一見は肌が潤っているように見えます。
しかし、内側は乾燥している可能性が非常に高いのです。適度に洗顔をして、十分に水分をチャージしましょう。ふき取ったり洗い落とすことよりも、保湿してあげることを重点に置いてください。
最後にオイルや乳液でしっかりとフタをしてあげることをお忘れなく!
また、外出時は紫外線対策を万全にしてあげる事で、お肌へのダメージを減らすように心がけましょう。

関連記事