酒粕パックで夏の疲れ肌をリセット!

酒粕パックで夏の疲れ肌をリセット!

夏にたくさん紫外線を浴びた肌はとっても疲れていてシミ、そばかすもできやすくなっている状態です。早めにケアして美肌を保ちましょう!

酒粕は肌にいい!? パックの効果とは?

甘酒などにも使われる酒粕は発酵食品であり、健康にも良いと言われている食品です。そんな酒粕ですが、パックなどで肌に使うと、肌にも良い効果が期待できちゃうんです!

◎美白ケアに
酒粕にはメラニンの生成を抑えるアルブチン、遊離リノール酸コウジ酸などの成分が豊富に含まれているため、美白の効果が期待できます。

◎保湿ケアに
スフィンゴ脂質という成分が酒粕には含まれており、これは皮膚の保湿に優れた働きをしてくれるそう。肌の中の水分を挟み込み、水分を逃さないようにしてくれます。天然の成分でもっちりとした肌を作ることができます。

◎エイジングケアに
酒粕に含まれている成分の一つにコウジ酸があります。このコウジ酸は抗酸化作用があると言われており、肌の糖化を防ぎ、アンチエイジングの効果が期待できます。

こんなに優秀な酒粕を使ってパックを作ったら、素敵な効果が期待できますよね!

酒粕パックを作ってみましょう!

酒粕パックの作り方は簡単です!用意するもの、作り方は以下の通りです。

*酒粕 100g
*精製水 120~150ml

1.酒粕をレンジで10秒ほど加熱する
2.様子を見ながら酒粕に精製水を少しずつ混ぜていく
3.できた酒粕の液を顔の上に乗せ、10分くらいたったら洗い流して普段通りのスキンケアをする

以上です。とっても簡単ですよね?作った酒粕パックの液が余ったら清潔な瓶に入れて冷蔵庫で保管してください。この場合は1週間くらいで使い切るようにしてくださいね!
また、酒粕パックの液がゆるく、顔にうまく乗らない場合などは、小麦粉などで固さを調整してみてください。

酒粕はシミ・そばかす・保湿ケアに用いると効果が期待できると言われています。夏に紫外線を浴びて疲れてしまっているお肌を、酒粕パックでリセットし、美肌を保っていきましょう!
関連キーワード

関連記事