gredecana(グリデカナ)ソックス 〜脚ファッションの豊かさ〜

gredecana(グリデカナ)ソックス 〜脚ファッションの豊かさ〜

ここ数年、ソックスやタイツなど脚のファッションが楽しくなっています。
川島屋百貨店

gredecana(グリデカナ)

ソックス

 gredecana(グリデカナ)ソックス
色柄や編み方に凝ったソックスが豊かに揃っていて、お店で見ているだけで、気持ちがウキウキしてきます。冷え性なので、長らくソックスを敬遠してきたのですが、タイツにソックスを重ね履きするスタイルを、この秋は楽しもうと思っています。

「gredecana(グリデカナ)」は大好きなブランドのひとつ。ソックスだけでなく、ストールやトートバッグ、ウエアやクッションなど、幅広いアイテムを扱っています。

テキスタイルデザイナーの梶原加奈子さんが、オリジナルのテキスタイル=布を作るところから始まって、暮らしを取り巻くさまざまなアイテムを展開しているブランドです。

梶原さんは、札幌に居を構え、東京と行ったり来たりの生活を送っています。そうやって大きな自然を感じて暮らしているからでしょうか。梶原さんが創るテキスタイルは、おおらかな色合わせと大胆な柄合わせが特徴。それが、奇抜さや派手さに陥らないのは、繊細で緻密なモノ作りがなされているから。

ソックスで言えば、ゴールドのラメで縁取りしてあって、甲の部分と足首の部分で異なる色使いのもの。メッシュになっている甲部分と、ポップな水玉柄の足首部分が組み合わせてあるもの―― ひとつのソックスの中に、3つも4つも工夫が盛り込まれているのですが、身に着けると、不思議と服に馴染むのです。

聞けば、工場の職人さんたちと何度もやりとりして、新しいことに挑んでもらっているそう。日本の職人さんたちの高度な技と、デザイナーが一緒になって、手をかけて創り上げたものなのです。

初秋から本格的な秋へと季節が移り変わる中、少し先のおしゃれに想像を巡らせ、「あのタイツにこのソックス」「このソックスにはあの靴」といったように考えるのが楽しくなります。

年代を限定することなく、おしゃれを楽しみたい人が、手を延ばしたくなるソックスです。
gredecana(グリデカナ)
gredecana(グリデカナ)
ソックス
価格:(左から)2,200円、1,800円、1,800円、1,800円(税抜き)
問い合わせ先:株式会社アントレックス
TEL:03-5368-1811
川島蓉子 かわしま・ようこ
1961年新潟市生まれ。早稲田大学商学部卒業、文化服装学院マーチャンダイジング科終了。ifs未来研究所所長。ジャーナリスト。多摩美術大学非常勤講師。