小顔に大敵のエラ張りを改善する方法とは?

小顔に大敵のエラ張りを改善する方法とは?

小顔にはならないと思われているエラ張りですが実は少しの努力で目立たなくすることができる方法があるのです。

エラ張りだと小顔になれないと思っていませんか?

小顔に憧れる女性が多い中、エラが張っているため小顔にはなれないと悩む女性もいるでしょう。

そもそもエラとは頬の下で両顎の出っ張ったところのことをいいます。実は日本人は海外の人に比べエラの張っている人が多いとされています。
このエラが張っていることで顔が大きく見えてしまう原因になります。
しかしエラが張っている人の中には生まれつきの骨格だからとあきらめてしまう人が多いのです。

ところが骨格だと思ってさわっている部分は実は骨ではなく筋肉であり、筋肉がこってしまっている状態であるためエラが張って見えるのです。そのためこの筋肉のコリをほぐすことでフェイスラインがひきしまりエラの張りが目立たなくなり、小顔になれる効果がえられるといえます。

エラをほぐすマッサージのやり方とは?

エラのコリをほぐすマッサージの方法はまず頬と顎の骨が交わる顎の関節に指をあてます。その状態から耳に向って優しく押しながら円を書くように20回程度マッサージをおこないます。
次に 顎の関節に指を置いたまま、口を出来るだけ大きく開け、あいうえおと大きな声を3回出します。
そして顎の関節に手の平をあてたまま耳の後ろの方まで10回繰り返しさすりあげます。

このマッサージを行うことでエラのコリがほぐれ小顔の効果があらわれます。このエラもマッサージを行う前に首をほぐすストレッチなどを合わせて行うことでさらにエラのほぐれが改善することができ、小顔に効果があらわれます。

毎日行うことでさらに効果をあげることができるため、スキンケアと同時にマッサージを行うのがおすすめします。

エラ張りは予防できるのです!

エラ張りは食いしばりによってより強く目立ってしまう場合が多いです。

食いしばりとは下顎をぐっと嚙みこんでしまう癖で睡眠中うまく力を抜くことができず、首や肩に力が入ったままの緊張状態から癖がでる人が多いです。そのため食いしばりを防ぐことでエラ張りを改善させ、小顔につなげることが可能になるのです。

食いしばりがおきてしまう原因として枕の高さがあっていないことがあげられます。
そこで高さの合う枕を使用することやタオルを巻いて首や肩に力が入らない高さに調節し枕として使用することをおすすめします。食いしばりは夜な夜なエラの筋肉を強化している作業と変わらないため出来る限りリラックスして寝て、食いしばりの癖がでないように心がけましょう。
関連キーワード

関連記事