口臭が生臭い原因とは?

口臭が生臭い原因とは?

生臭い口臭が発生してしまうその原因と対策方法について紹介します。

口臭が生臭い原因とは?

友人や恋人と過ごす上で口臭が気になったことがあるという人も多いのではないでしょうか。

友人や恋人との会話だけでなく仕事などでお客様や取引先の人と話す上でも口臭の問題は大いに気になるところです。相手の口臭が臭ければ会話をするのが嫌になってしまったということもあるはずです。
反対に自分の口臭で相手がどのように感じているかで自分の印象が大きく左右されてしまうのです。

口臭には多くの種類がありますが、生臭いと悩んでいる人もいるでしょう。口臭が生臭くなる原因は様々ですが、大きな原因は生理的口臭といって誰しもが持っている臭いであることが多いです。
この生理的口臭は食べカスが腐敗したり、口の中の粘膜がはがれおちたものに微生物が繁殖してしまったりすることで口臭の原因となることが多いです。

口臭を抑えるための歯ブラシの選び方

口の中は歯が何本も生えていて入り組んでいることと、湿度と温度により菌が繁殖しやすい環境であるため清潔に保たなければ口臭の原因となってしまいます。そのため口臭の予防や解消を行うためには歯垢を減らし細菌をできるだけ減らすことが最も効果的であるといえます。

まずは自分にあった歯ブラシを使用することが大切です。歯ブラシを選ぶポイントとしてあげられるのは毛が長すぎないものを選び、ヘッドはより小さいものを選ぶと口の中で小まわりがききます。

また毛は柔らかすぎず、硬すぎないものでナイロンやサラン製のものを選ぶとよいでしょう。ナイロン製の歯ブラシはコシや弾力があるため歯磨き後に水で洗い流すだけで汚れが落としやすく、歯ブラシ自体を清潔に保つ事が可能です。
また歯ブラシは1ヶ月前後で新しいものと交換することが大切です。

口臭を防ぐ歯の磨き方とは?

歯磨きが上手くできていなければそれだけ歯垢が残り雑菌の繁殖も増えます。そのため口臭を防ぐには歯の磨き方が非常に重要です。

歯垢は歯同士が噛み合う所や、歯の間、歯と歯茎の隙間などに多く残ります。そのため歯に対して歯ブラシを垂直に当て、歯ブラシが安定した状態で細かな振動で歯磨きを行うとよいです。
また上の歯は上から下へと、下の歯は下から上へと磨くことも大切です。力を入れすぎると傷の原因となるのであくまで優しく力を入れすぎずに磨きましょう。

しかし、しっかりと毎日歯磨きをしても清潔を完全に保つことは難しいです。そのため、歯間ブラシやデンタルフロスをうまく併用して、残った歯垢を磨き落とすことで口の中を清潔に保ち、気になる口臭を防ぎましょう。
関連キーワード

関連記事