口臭の原因となる食べ物と口臭を防ぐ食べ物とは?

口臭の原因となる食べ物と口臭を防ぐ食べ物とは?

食べ物の中には口臭の原因となるものと口臭を防ぐ食べ物があるため知っておくと便利です。

食事のあと口臭がきになったことはありませんか?

仕事の合間のランチや、デート、友人との食事中に食べた物が後々口臭となって臭いがあらわれてしまったことはありませんか。口臭が出てしまうと誰でももちろん気になって仕方がないものです。少しでも相手の目線が口元にいくと自分の口臭があるのではないかと気になってしまって会話がうまくできなくなってしまうこともあります。

口臭は相手に不快な思いをさせてしまうばかりではなく、自分自身の印象を下げてしまう可能性もあるのでできるだけ口臭のトラブルを防ぎたいものです。
そこで食事の際には口臭の原因となる食べ物を知っておくことでよいでしょう。

食べた後に人と会話することがあればあらかじめ口臭のでる食べ物を避けることで口臭を防ぐことが可能になります。

口臭の原因となる食べ物とは?

口臭の原因となる食べ物でもっとも多くの人に知られているのはニンニクでしょう。ニンニクは口にすると食べた後すぐだけでなく、後々息からもニンニクの臭いが出てしまいます。
またキムチもこのニンニクが入っていることが多いため気を付けなければなりません。

他にはニラやラッキョウも口臭の出やすい食べ物です。これらの食べ物が口臭としてあらわれる原因は食べた後体内で臭いのある成分に変化し肺から臭いが出るものであるためです。そのせいで食べた後ガムや口臭スプレーなどをしても口臭を改善することが難しいのです。

合わせて納豆やチーズなどの発酵食品はこの食品自体に臭いがあるため、食べた直後に口臭となりやすいです。
しかしこれらの発酵食品は唾液などで分解、消臭されるため食べた直後は臭くても30分前後で臭いが消えることが多いです。

食べ物で口臭は防げる?

いくら口臭を防ぐために口臭の原因となる食べ物を避けていたとしても、実際にはお店で食べたいものを注文し、いざ食べ始めた際にニンニクが入っていることに気づいたり、他の人から勧められてニンニクやニラなど口臭の原因となる食べ物が入ったものを食べざるを得ない状況になったりすることはあるでしょう。

そんなときに口臭を防ぐ食べ物を知っておくと口臭を防ぐことが可能になります。
例えばニンニクの臭いには牛乳を飲むと消臭の効果があるといわれています。他にもレモンや梅干し、緑茶などが口臭を予防できるとされています。

しかしこれらの食べ物は後から摂取しても多少の効果を得る事ができますが、食事の前や食事中に一緒にとることでより効果的に口臭を防ぐことが出来るためニンニクやニラに気づいた際はすぐにこれらの食べ物を摂取することをお勧めします。
関連キーワード

関連記事