女性ならではの口臭の原因とは?

女性ならではの口臭の原因とは?

腸内環境が悪いことで原因となる口臭は実は女性に多くあらわれるのです!

実はあまり知られていない口臭の原因

毎日きちんと歯磨きなどをおこなって、口内を清潔に保っているはずなのに口臭が気になると思った方はいないでしょうか。

口臭の主な原因として良く知られているのが歯磨きを怠ったり、きちんと磨ききれていないことで口の中に残った食べカスに細菌が繁殖し口臭が出てしまったりするという場合が多いです。
しかししっかりとケアを行っていても口臭が治らないという人は口臭の原因は口内にないことが考えられるのです。

ではいったいどこに原因があるのでしょうか。実は腸内環境が悪化すると口臭にあらわれることがあるのです。口内が原因の口臭は一般的に生臭いですが、この腸内環境の悪化による口臭は便やオナラのような臭いになることが多いので口臭が気になる人は一度どちらのタイプの臭いなのか確認してみることが大切です。

腸内環境の悪化で起こる口臭とは?

なぜ腸内環境の悪化が口臭になってあらわれるのでしょうか。これは腸内に存在している善玉菌と悪玉菌の数が大きく関係しています。
善玉菌は食べた物の消化や吸収を促したり、病原菌に対して抵抗力をつけたりします。

これに対し悪玉菌は病気の原因などになってしまうもので体内に悪影響をもたらすものです。通常は悪玉菌より善玉菌が多いですが、腸内環境が悪化すると善玉菌よりも悪玉菌が増えてしまいます。そして悪玉菌が増えると有毒なガスが発生してしまいます。

これらのガスは便やオナラと一緒に外に排出される場合が多いです。
しかし腸や肝臓の機能が低下していると排泄がうまくできなくなり、その結果ガスの臭いが血流にのってしまい体臭や口臭となってあらわれてしまうことがあるのです。

腸内口臭が女性に多い理由とその改善方法

腸内環境の悪化によっておこる口臭である腸内口臭は実は男性よりも女性に多くあらわれやすいです。
その理由はダイエットなどによっておこるホルモンバランスの変化や、冷え性など血流の流れが悪いため男性よりも女性の方が便秘になりやすいためです。

便がたまることで体内に腐敗物質がたまっている状態であるため悪臭のあるガスが発生しやすく、それに伴い口臭に出やすくなっていまいます。そのため腸内環境を整えることで口臭を防ぐことにつがなります。

腸内環境は善玉菌を増やすことで改善されるため、ヨーグルトや牛乳、味噌、チーズ、バナナやハチミツなどを積極的に摂取することをお勧めします。
また最近では腸内環境を整えるための乳酸菌のサプリメントを多く販売されているのでこれらも上手く利用するとよいでしょう。
関連キーワード

関連記事