美BEAUTE人気レシピ フルーツ酢を作ってみたらこんなことになった

美BEAUTE人気レシピ フルーツ酢を作ってみたらこんなことになった

月120本以上のビューティ記事を配信している美BEAUTE編集部。でも、編集部員の私・咲子も正直、実践できているものは少ないのが現状。

ずっと作ってみたかったのはこのレシピ!

手作り果実酢は、簡単・おしゃれで、ダイエットや美容に効果抜群だそうで、作ってみたいとずっと気になっていました。
どのフルーツにしようか迷ったものの、王道のバナナとリンゴにすることに。お酢は、黒酢とリンゴ酢を選んでみました。砂糖は、ミネラルたっぷりでコクのある黒糖をチョイス。
ざっくりしたフルーツ酢の簡単レシピ材料

ざっくりしたフルーツ酢の簡単レシピ

【リンゴビネガー】
・リンゴ 1コ
・黒酢  1本(500ml)
・黒糖  1袋(300g)

【バナナビネガー】
・バナナ1本(大き目)
・リンゴ酢 200ml
・黒糖  110g

てきとうに薄切りにして、果物、酢、砂糖の順で入れるだけ。
バナナとりんご

10分くらいで完了。あっという間の簡単レシピ!

おしゃれにしたいなら黒砂糖や黒酢じゃだめだなと、写真を見ての感想。
当たり前ですが、黒いです。でも、美容にはこの黒さが効くはず。
フルーツ酢完成
ビンは、無印良品のものとハンズでメイソンジャーを購入。
洗って、煮沸して乾燥させてから使用しました。1~2週間、常温で放置したら完成。
私は常温放置が不安になり、4日目からは冷蔵庫に入れました。

実食!フルーツの味がちゃんとして美味しい

バナナフルーツ酢
写真は、10日たった「バナナビネガー」を炭酸水で割ったもの。飲んでみると、バナナの風味がしておいしい!
私はもともとお酢が好きなので、これはとってもいい。
バナナビネガーは10日でなくなっちゃったけれども、少量ずつ作って、いろんなフルーツを試してみるのもいいかなと。小瓶なら持ち運べるので、会社でも飲んでいました。
美BEAUTE記事によれば、1日に摂取する目安量は15~30mlで、食後に飲むのがベター。酸は歯に良くないので、飲んだら口をゆすぐのを忘れずに!
仕事中に飲んでいる私は、ゆすぐことをよく忘れてしまうのですが、皆様はどうぞお忘れなく。

お腹にたまって、腹持ちもいい

リンゴフルーツビネガー豆乳割り
「バナナビネガー」と一緒に作った「リンゴビネガー」は、豆乳で割って飲んでいます。
ちょっとラッシー風になってお腹にたまるので満足感があり、おやつにおすすめです。豆乳とリンゴビネガーの割合によって味の印象が変わるので、自分の好きな配分を見つけると、よりおいしく飲めると思います。
(私はビネガー1:豆乳12くらいの割合が好みです)。
フルーツビネガーは1回作ってみると、すごく簡単に作れるのが分かるはず。
私もちょくちょく作り続けているので、はまった人は楽しく続けられると思います!
マイビネガーライフの始まりの時です!
【咲子の出費(咲子購入時の金額)】
●瓶代(2個):1500円くらい
●材料代(酢と砂糖とりんごとバナナ):2800円くらい
●フルーツ酢合計 4300円くらい

関連記事