そばかすに効果的な薬って?

そばかすに効果的な薬って?

鏡を見るたびに気になるそばかす。その原因と治療薬を探ります。

そばかすは何故できるの?

そばかすの原因は紫外線です。紫外線を浴びた肌はメラノサイトが活性化することにより、チロシナーゼを生成します。チロシナーゼは、アミノ酸の一種であるチロシンと反応してメラニンを作り出します。

メラニンが肌に沈着してしまうと、そばかすの原因になります。健康な肌は28日周期で生まれ変わると言われます。普通なら、生成されたメラニンも古い細胞とともにはがれ落ちます。

しかし、肌の新陳代謝のリズムは、紫外線やストレスなどによって崩れてしまうことがあります。そうなると、メラニンの排出が妨げられて沈着してしまい、そばかすを作る原因になってしまいます。そばかすは遺伝による場合が多く、幼児期から中学生頃までに出て来ます。紫外線を浴びると、さらに色が濃くなることがあります。

そばかすを治療する薬ってあるの?

そばかすを治療する薬は外用薬と内服薬があり、皮膚科で処方してもらえます。外用薬は2種類あります。

1つは、ハイドロキノン軟膏です。そばかすの原因になるメラニンを作り出すチロシナーゼの働きを阻害します。メラノサイトに働きかけて、メラニンが生成するのを防ぎます。「肌の漂白剤」とも呼ばれ、強い漂白成分があります。皮膚科で処方されるものは有効成分が高濃度なので、使い方を間違うと赤みやかぶれを起こすことがあります。医師の処方に基づいて使用することが大切です。

もう1つはトレチノイン軟膏です。ニキビの治療にも使われる薬です。肌の新陳代謝を高め、肌の弾力や潤いを改善する薬です。細胞の活動が活発化することで、沈着したそばかすを自然に排出します。

そばかすを治療する内服薬はどんなものがあるの?

そばかすに効く内服薬は3種類あります。1つ目は、肌のコラーゲンの生成に関係するビタミンCです。抗酸化作用を持ち、メラニンへの働きかけで色素沈着を防ぎます。ビタミンCは体内で生成出来ないので、食べ物や内服薬で摂取することが必要です。

2つ目はビタミンEです。チロシンが酸化するとメラニンが生成しますが、ビタミンEは酸化を阻害します。高い抗酸化作用を持ち、血流を良くすることで代謝を高めます。ビタミンCと一緒に取ると、相乗効果が期待できます。

3つ目はL-システインです。ビタミンCと一緒に働き、メラニンの生成を阻止します。肌の新陳代謝を高めることで、メラニンの自然な排出を促します。処方された薬が厚生労働省の認可を受けたものなら、保険適用になります。ビタミン類の内服薬は、健康保険が適用されることがあります。
関連キーワード

関連記事