ファスティングで得られる効果とは?

ファスティングで得られる効果とは?

短期間断食を行うファスティングは体にとって良いいくつかの効果を得ることができます。

ファスティングってそもそも何?

最近多くの女性の間で注目をあびているファスティング。そもそもファスティングとはどういったものなのでしょうか。ファスティングとは2日から3日前後の短期間で断食を行う健康法のことです。断食療法や絶食療法とも呼ばれています。断食と聞くと修行の一環で行うものや、宗教的なイメージを持たれることも多いです。

実際に断食は昔から仏教やキリスト教、イスラム教やヒンドゥー教など様々の宗教の間でおこなわれてきました。その後ヨーロッパで医療面において断食の研究がおこなわれてきました。近年では病気の治療や健康の増進方法として、ヨーロッパやアメリカなどで注目を集め科学的な研究も進められるようになりました。そして現在のファスティングが広まったのです。

ファスティングで得られる効果って何?

ダイエットの方法や健康になる方法で知られているファスティングですが、はたしてどんな効果が得られるのでしょう。一番大きな効果はデトックス効果です。デトックスとは体にたまった毒素を体の外へ排出することをいいます。食事をとることで体内に入った毒素は体内で分解され排出されていきます。

しかし摂取する量が多いと次第に分解しきれなかった毒素が体内に蓄積されてしまい、それが体脂肪となって体に定着してしまうのです。ファスティングを行うことでカロリーを摂取することがないため体は不足したエネルギーを体内に蓄積された脂肪から補おうとし、脂肪が分解され燃焼されることで毒素が排出されるのです。また内臓を休めることで低下した機能の回復をはかることも可能です。

ファスティングを行うと味覚が変わるって本当?

普段外食が多い人には脂っこいものや味付けの濃いものを摂取しがちです。疲れていると余計に味覚を感じづらくなり次第に濃い味付けを好むようになります。しかし濃い味付けはそれだけ化学調味料を多く使用されているため体内にとって有害な物質を1度に多く摂取してしまうのです。

ファスティングは数日間のみですが断食を行い、固形物を食べないことで感じづらくなっていた味覚をリセットさせることが可能になります。そのためファスティング終了後は味付けをしていないお粥を非常においしく感じることができます。

野菜なども素材そのもののおいしさを改めて感じることができるのです。またファスティング終了後も出来る限り薄味で調節することで体内に毒素をためることを防ぐことが可能です。
関連キーワード

関連記事