お茶があなたの体脂肪に働きかける理由

お茶があなたの体脂肪に働きかける理由

お茶が持つ成分は体脂肪の減少をサポートしてくれるということ、知っていましたか?

お茶には体脂肪が減らせる効果がある?

意外と知られていませんが、お茶には脂肪の燃焼をサポートする成分が含まれているのです。そのためお茶を飲むことで脂肪が燃焼されやすくなり、体脂肪を減らすことが可能になります。

お茶に含まれる脂肪燃焼効果のある主な成分は、まずポリフェノールです。ポリフェノールとは渋みの成分で緑茶の場合カテキンがあてはまります。この成分は脂肪の分解を促す効果があります。

他にはコーヒーに多く含まることで知られるカフェインです。カフェインは適度な量を飲むことで脂肪の燃焼効果を向上させる力を持っています。ただし多く飲みすぎるとその効果がなくなってしまう場合もあるため飲む量に気を付けなければなりません。またHCAという脂肪の蓄積を防ぐ効果をもつ成分も含まれています。

お茶の効果を高める飲み方とは

お茶の成分には脂肪の燃焼を促す効果や、脂肪を分解させる効果がありますが、ただお茶を飲むだけでその効果を引き出せ、ダイエット効果があるというわけではありません。

お茶の成分はあくまで脂肪の燃焼や脂肪の分解を促す効果であるためバランスの取れた食生活や体脂肪を減らすための運動などをこなし、さらにお茶を飲むことでその効果を最大限に発揮させることができます。またお茶を飲むタイミングも重要です。お茶を飲むタイミングはウォーキングやジョギング、スイミングなどの有酸素運動を行う30分程度前に飲むとよいです。

しかしカフェインにおいては有酸素運動の前にとってしまうと体のエネルギーが不足しているため運動前のカフェインの摂取は控えましょう。

効果の得られるお茶やその量とは?

含まれる成分によって体を痩せやすく促すお茶ですが、少量飲むだけでその効果が得られるというわけではありません。より効果を高めるためには必要な量があります。

最近では体脂肪が燃焼しやすいように特化して作られたお茶が売られています。これは350㎖入りのペットボトルに対して茶カテキンが540㎎ほど配合されており、これを1日1本飲むと効率よく脂肪を燃焼しやすく作られています。そのためこれらの脂肪燃焼に特化して作られたお茶などを飲むとより効果的です。同じ量の茶カテキンを自宅で出した緑茶で摂取したい場合は約840㎖のお茶を飲む必要があります。

また粉末のお茶や抹茶は少量で多くの茶カテキンを摂取することが可能であるため多くの緑茶を飲むことができない人にお勧めです。
関連キーワード

関連記事