これで痩せる!正しい姿勢の座り方

これで痩せる!正しい姿勢の座り方

正しい姿勢と座り方でダイエットができるって知っていますか?正しい姿勢を知って実践してみましょう。

痩せる姿勢や座り方ってどんなもの?

普段座るとき、どんな座り方をしているでしょう。人や場所によって座り方は様々だとは思いますが、もし正しい姿勢で座ることによって、美脚を実現できたりダイエットができるとしたら、挑戦してみたくなりませんか?

普段デスクワークをしていて座りっぱなしで腰が痛い、という方は多くいると思いますが、そんな悩みを抱えている方の多くは、正しい姿勢で座れていない可能性があります。では、正しい座り方とはどういったものなのでしょう。

正しい座り方と関係しているのが骨盤です。骨盤がしっかりと立っている状態は、その上にある背骨も自然な状態になるので、腰痛などの悩みを軽減します。また、普段使わない筋肉を使うことにもなるので、痩せる座り方につながっていきます。

こんな座り方はやめて姿勢を保ちましょう。

逆に姿勢が悪くなる座り方とはどんな座り方のことを言うのでしょう。椅子に座るときによくやってしまうのが、足を組む座り方です。足を組む座り方は、骨盤が開いたり歪みを生む原因になります。

また、足を片方の足に乗せることにより、血行が滞り、足のむくみの原因にもなります。また、猫背になっていたり背もたれにもたれる座り方は、筋力の低下や腰痛の原因にもなるのでやめましょう。

床に座る場合、あぐらや女の子座りをすると、骨盤の歪みや変形につながっていきます。また、正座で座ることは、猫背の矯正や腰に負担がかからないなどのメリットがありますか、膝に負担がかかったり足のむくみの原因になるなどのデメリットの両方があり、一概にやめたほうがいい座り方とも言えませんが、美脚を目指すなら避けたほうがいいでしょう。

正しい座り方をマスターしよう!

ダイエットにもつながる正しい座り方とは、どういったものなのでしょう。正しい姿勢をとる座り方のポイントの一つで最も重要なことは、骨盤が立つように座ることです。骨盤を立てて座ることにより、上半身の体重が腰に負担をかけることなく座ることができます。

骨盤を立てて座るには、椅子の場合、背もたれによりかかることのないようお尻や太ももに体重をかけて座るようにします。床に座る場合、足を前に投げ出す座り方、長座をすることで、骨盤が立った状態で座ることができます。

また、どちらの場合もL字型になるように座ることを心がけましょう。ただし、正しい姿勢を保つ座り方は、普段使わない筋肉を使って姿勢を保つことになるので、最初のうちは疲れることも多くなるので、慣れるまでは無理せず、短時間から始めるようにしましょう。
関連キーワード

関連記事