ストレッチで姿勢を改善!

ストレッチで姿勢を改善!

姿勢が悪いと悩んでいるなら、日常生活でも取り組める姿勢改善を行おう!

姿勢が悪くなるのは何故?

本来、人は重力に逆らって二足歩行を行うにあたり、S字カーブの背骨を進化の中で手に入れました。しかし、日々の暮らしの中でそのS字カーブを崩してしまうような体勢をとることが増え、猫背などの悪い姿勢になってしまうことがあります。

では、その悪い姿勢になる原因とはどういったものでしょう。一つに、片足に長時間体重をかけ立つことが原因に挙げられます。立ち仕事を長時間している人など、無意識にしている可能性があります。

二つ目は、座ったときに思わずしてしまいそうな足を組む行動です。足を組むことによって、骨盤が歪んでしまうこともあるので、足を組む癖がある人は気を付けましょう。三つ目に挙げられるのが、携帯やパソコンを使う際、覗き込むように見ることです。前に首が出るこの行動で姿勢が悪くなってしまいます。

悪い姿勢を続けたらこうなる!

猫背などに代表される悪い姿勢。この姿勢をもし続けていけばどういったことが起きるのでしょう。姿勢の悪い人の多くは、慢性的に肩や首のコリに悩まされることがあります。

これは、姿勢が悪いために血行が悪くなり、その結果コリが症状として現れます。更に、姿勢の悪さが習慣化すると骨盤の歪みへと繋がっていくこともあり、そうなると疲れが取れにくい、寝不足に陥る可能性もあり、体の不調を招く結果になります。

また、血行が悪くなることにより新陳代謝も低下するので、カロリーを消費しにくい体になってしまうことがあります。これは、運動をしてダイエットを頑張っても結果につながりにくい体になってしまうことを表します。そうならないために、正しい姿勢ができるようになることが大切です。

姿勢改善の方法とは?

正しい姿勢をとれるようにするには、どういったことが必要なのでしょう。病院に行って治療してもらうのももちろんいいとは思いますが、姿勢が悪くて体に不調がある、痛みがあるということがなければ、日常生活の中でも簡単に行える方法を試すのはどうでしょう。

悪い姿勢を改善するのに必要なことの一つは、筋肉をほぐすことにあります。筋肉をほぐすことによって血行が良くなりコリの症状も解消されます。特に肩甲骨は、普段意識して動かすことも少なく、姿勢が悪くなる理由の一つでもあります。

ストレッチなどを行って肩甲骨を意識的に動かすようにしましょう。また、ストレッチを行う際の補助にツールを利用するのもいいでしょう。正しい姿勢を意識して、自分でその姿勢が正しいかを評価し、姿勢改善に取り組んでいきましょう。
関連キーワード

関連記事