ファスティング終了後の回復食の効果とは?

ファスティング終了後の回復食の効果とは?

ファスティングが終了し回復食をきちんととることでファスティングの効果を実感することができます。

ファスティングの回復食とは?

ファスティングによって2日から3日断食を行うことでデトックス効果が得られ体調を回復させることができます。しかしファスティング中は固形物を摂取しないことから軽い飢餓状態にあり、ファスティング終了後この状態で通常の食事をとると体がより多くの栄養を吸収し、蓄積しようと働いてしまいます。その結果脂肪が蓄積してしまいリバウンドが起きてしまう可能性があるのです。

そのためファスティング終了後にとる食事を通常の食事ではなく回復食にすることでファスティングの効果をより持続させファスティング自体を成功へと導くのです。せっかくファスティングを行って効果も薄れてしまうどころか、体にとって悪影響になってしまってはファスティングを行った意味がないので回復食について事前に十分知っておくことが大切です。

回復食の注意するべき点とは?

ファスティング終了後の回復食にはいくつか注意するべき点があります。まず回復食を取る日数ですがファスティングを行った日数と同日数が必要になります。

そのため2日断食したならば2日回復食にし、3日断食したのならば3日回復食にすることが望ましいです。また質素で味付けの薄い食事を心がけましょう。例えば断食直後は味付けをしていないお粥や薄味の具がないお味噌汁をとり、徐々に野菜スープやすりおろしたりんごなどの消化が良く、素材そのものに味のあるものに移行していきます。回復食の最後は少し味をつけた雑炊やお蕎麦などを食べるとよいでしょう。

また回復食を食べる量も重要です。断食直後は特に負担がかかるので少量ずつ食べるようにしましょう。断食中は胃腸を休ませていた状態なので回復食はよく噛み少しずつ食べることでゆるやかに胃腸を戻すことが可能です。

回復食に使える便利グッズ

ファスティング終了後の回復食をいかにうまくとるかがファスティング自体の成功のカギといえます。しかし仕事をする女性にとって週末にファスティングを行い、週明けからは仕事を行わなければならないため毎食回復食を調理する余裕のない人も多いでしょう。

そういった場合、保冷マグや保冷できるお弁当箱にお米とお湯を入れて会社に持っていくことでお昼にはお粥ができたり、レトルトのお粥や雑炊を使用したりすることをお勧めします。会社に温める機能や温めて食べている時間が無い人はベビーフードなどを利用するとよいです。ベビーフードはお粥やすりおろしたリンゴ、うらごしされたさつまいもなどそのままでも食べられるものが豊富にあり、量も少量であるため回復食には最適であるといえます。

関連記事