クレーター状ニキビ跡をカバーする方法

クレーター状ニキビ跡をカバーする方法

気になるニキビ跡をなかったことにしちゃいましょう。クレーター状でも、ばっちりカバー!

なぜ、こんなクレーター状ニキビ跡に?原因を徹底追究!

ひどいニキビ跡が残ってしまうと、鏡をみるたびに憂鬱な気分になってしまいますよね。肌の悩みでは、かなり大勢の方が悩んでいるのではないでしょうか。

特にデコボコ状になった月のクレーターのような肌、はなかなか元のつるつる肌には戻りません。なぜそのような肌になってしまったのでしょう?今後、さらに広がらないためには原因を知ることが大切です。

デコボコになった肌は表皮だけでなく、肌の深い真皮の部分にまでダメージを受けてしまった状態です。新陳代謝が均一に行われないため、デコボコ状になるのです。特にニキビをつぶしてしまった場合は、クレーターのような跡が残りやすくなります。また、肌は乾燥すると代謝が低下してしまうため、肌の乾燥も禁物です。

おうちで出来るセルフケア

ニキビ跡を少しでも目立たなくさせるために、大切なことは洗顔と保湿、そして食生活です。肌は乾燥すると新陳代謝が落ちてしまうのです。

肌そのものがもつ天然保湿効果を発揮させるためには、刺激を与えず、清潔な手で洗顔し、その後、しっかり保湿するようにしましょう。保湿することができれば、新陳代謝は進み、やがてニキビ跡も改善されてくるはずです。

同時に、食生活を見直すことも大切です。肌の代謝を促す食品を積極的に取るようにしましょう。肌の新陳代謝を促す栄養素はタンパク質、オメガ3系脂肪酸、亜鉛、鉄分などのミネラル、ビタミンA、B6、E、Cです。保湿をはじめとする日々のスキンケアと食生活を整えることでニキビ跡は少しずつ薄くなっていくはずです。

最後はやはり、医師に相談

自宅でできるセルフケアで、ニキビ跡は少しずつ目立たなくなってくるはずです。そのまま続けていけば頑固なニキビ跡も少しは改善されます。しかし残念ながら完治させることは不可能です。

特にクレーター状のニキビ跡が元のツルツルの肌に戻る可能性はほぼゼロ。ですから、しっかりと治すためにはやはり医療機関に相談することをおすすめします。皮膚科では様々な治療法があります。

いくつか紹介しましょう。まずビタミンC誘導体の導入。ビタミンCの誘導体に化粧水を塗り、弱い電流を流します。弱い電流を流すことにより、肌の奥深くまで浸透します。ケミカルピーリングは、肌の表面の角質とともに古いメラニン色素を除去します。この治療を続けると、コラーゲンの生成が促進されるので肌の凹凸が目立たなくなってくるというメリットがあります。
関連キーワード

関連記事