消えないニキビ跡には対策を!

消えないニキビ跡には対策を!

消えないニキビ跡で悩んでいる人は、もしかしたら対策が間違っているのかも。

消えないニキビ跡のタイプを見極める!

ニキビ跡用の美容液を使っても、ピーリングを行っても、ビタミンC誘導体の化粧品を使っても、何をしてもニキビ跡が消えないと悩んでいる人は多いのではないでしょうか。もしかしたらそれは、肌の状態と対策が合っていないかもしれません。

実はニキビ跡には3つのタイプがあり、それぞれに対処法が違うのです。3つのニキビ跡とは、赤みのあるもの・色素沈着したもの・クレーター状の凸凹したもののことで、それぞれ症状が違います。これらは、赤みのあるニキビ跡が、ニキビによる肌のダメージが低く、凸凹の状態が、一番深く肌にダメージがあったニキビの状態だったことを表しています。なので、できるだけ赤みがある状態でニキビ跡を治すことが重要になってきます。

それぞれのニキビ跡の原因は?

ニキビ跡には3つの種類がありますが、それはどういった原因で起こるのでしょうか。赤みのあるタイプのニキビ跡は、ニキビの炎症を治すために毛細血管が集まって赤くなっていることが原因で起こります。

この赤みは時間がたつと消えていく可能性があるニキビ跡と言えます。色素沈着を起こしているニキビ跡は、肌がニキビの炎症を治す際に、肌を守るためにメラニンが生成され、色素沈着したことが原因で起こります。

この場合、肌へのダメージがあってターンオーバーが正常に行われていないことを表します。凸凹のニキビ跡の原因は、肌の内側の真皮までダメージを受けたことにより起こります。ダメージを深いところまで受けてしまっているので、コラーゲン組織が破壊されてしまっていることを表します。

どう対処すればいいの?

3つのニキビ跡は、肌が受けたダメージの深さにより症状が異なりますが、どのような対処法をとればよいのでしょう。赤みのあるニキビは、炎症を治すために毛細血管が集まって赤くなっているため、時間がたてば自然に治る可能性があります。

しかし、それには個人差もあり、治るまで時間がかかる人もいます。気になる場合は、ニキビ専用の化粧品や、ターンオーバーを整える化粧品を使って改善していきましょう。メラニンが原因の色素沈着タイプのニキビ跡には、ビタミンC誘導体が配合された化粧品など美白効果のあるものを使って、ターンオーバーを整えて改善していきましょう。

凸凹のあるニキビ跡は、自分で治すのはなかなか困難になりますが、浅いクレーター状のものなら、肌の再生を助ける化粧品を使用してみましょう。
関連キーワード

関連記事