オリーブオイルでトータルビューティ!食用以外の使い方特集

オリーブオイルでトータルビューティ!食用以外の使い方特集

健康食として定番になりつつあるオリーブオイル。食用としてはもちろん、顔にも髪にも使っちゃいましょう!今回はその方法を伝授いたします!

薬局で発見!食用じゃないオリーブオイル?その違いと使い方とは

皮膚科等の処方箋で「オリブ油」というものを目にしたことがあります。
オリブ油は薬局にも置いてあります。
オリブ油とオリーブオイルは、いずれもオリーブの実を潰すこと(圧搾)によって作られています。
一般的に売られているオリーブオイルは「食用」になっていますが、オリブ油は「医薬品」というカテゴリーで扱われます。
2つの大きな違いですが、オリブ油は、オリーブオイルを精製しているという点だそうです。
精製しているので、市販のオリーブオイルより純度が高くなっており、オリブ油はオリーブオイル100%なんだとか。食用のオリーブオイルと比べると、色味と風味が弱く、サラサラしています。
そのためオリブ油は、軟膏剤や硬膏剤などの製剤基剤として用いられているそうです。

オリーブオイルでトータルビューティ!髪や肌への使い方を伝授

先ほどご紹介した「オリブ油」。薬局で500円程度で手に入るんです。刺激も少なく肌馴染も良いのでオススメです。

【メイク落としに】
メイク落としとして、クレンジングオイルの代わりにオリブ油を使います。オリーブオイルは保湿やアンチエイジング、毛穴の黒ずみにも効果的と言われているのでぜひ試してみてくださいね!

【マッサージオイルに】
クレンジングのついでにオリブ油でフェイシャルマッサージもできます。もちろん、全身のマッサージオイルとしても使えます。私は入浴前にこの方法で全身マッサージをしています。洗い落とすとしっとりすべすべの肌触りになりますよ!

【ヘアケアに】
入浴前に髪にオリブ油をなじませて10分以上放置。
この時に地肌にも揉み込んであげると、毛穴に詰まった油や汚れが浮き出てきますよ!

いかがでしょうか?
安価な上に器量良しのオリブ油。
食用と併せて、身体の中からも外からも綺麗を保ちましょう!

関連記事