冷え性の方は必見!違いがわかる「てんさい糖」のお話

冷え性の方は必見!違いがわかる「てんさい糖」のお話

何かと悪者扱いされているお砂糖。白砂糖が身体に良くないとはよく言われているけど、砂糖は種類によって一体どんな違いがあるのでしょうか?

冷え性に効果的?身体を温めるてんさい糖と、ほかの砂糖との違いについて

スーパーに行くと、白砂糖をはじめ、てんさい糖・きび砂糖・黒砂糖などといった、様々な種類の砂糖が並んでいますよね。
一体これらの砂糖にはどんな違いがあるのでしょうか?

砂糖は、さとうきびを原料とするものと、砂糖大根(てんさい)を原料とするものの2種類があります。
白砂糖・きび砂糖・黒砂糖など、「砂糖」といわれているもののほとんどは、さとうきびを原料にしています。
「てんさい糖」だけが砂糖大根を原料に作られているのですが、この2つの原料には大きな違いがあります。

さとうきびは熱帯に生息する植物のため、体を冷やす作用があると言われているのに対し、寒冷地で栽培されるてんさいには、体を温める作用が期待できます。
また「てんさい糖」にはオリゴ糖が多く含まれているため、ビフィズス菌を増やしてくれます。

また、白砂糖やグラニュー糖などは精製されて作られているため、消化吸収が早い分、消耗も早く、血糖値の上下が激しくなります。それによってすぐまた糖分をとりたくなり、それが繰り返されることによって低血糖症がおこったり、イライラしやすくなります。
それに対し、きび砂糖や黒砂糖、てんさい糖などは精製されていないため、ゆっくりと消化され、その分血糖値の上下が緩く、吸収にも時間がかかるので少しの糖分で長時間保つことができます。

てんさい糖ってどうやって使えばいいの?

てんさい糖は、値段もさほど高価ではないので、便秘や冷え性に悩んでいる方や、ダイエット中の方はぜひ一度食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?
コーヒーや紅茶などの飲み物やヨーグルトに混ぜたり、お料理にコクやツヤを出したい時など、調味料としても使えます。
ぜひ調味料選びの参考にしてみてください。

関連記事