治りにくいと思われがちな肝斑の治療とは?

治りにくいと思われがちな肝斑の治療とは?

一度できると治りにくいと思われがちな肝斑の治療方法を紹介します。

肝斑のできる原因とできすい人とは?

肝斑とはシミの種類の一つですが、紫外線対策をおこなっていても出来てしまうシミです。肝斑の特長は頬あたりに左右対象で、もやっと広がる比較的大きめのシミです。このシミは30歳から40歳の女性に多くみられます。

男性には発生しません。その理由とは肝斑の原因は女性ホルモンのバランスに大きく関係があるためです。肝斑があらわれてしまった人の多くは妊娠や出産後、またはピルなどの避妊薬を使用した人の場合が多いです。

これは女性ホルモンが減少してしまった場合や女性ホルモンの分泌やバランスが崩れているためです。しかし肝斑は紫外線とは関係なく出来てしまった場合でも、肝斑があらわれた後に、紫外線を長時間浴びるなど肌に刺激をうけると色素が濃くなってしまい、肝斑が悪化してしまう場合があるため注意が必要です。

肝斑が治らないと思われる理由とは?

肝斑が出来てしまった女性の多くは肝斑がなかなか治らないと思いがちです。それはなぜでしょうか。

その理由は多くの女性が肝斑に対して通常のシミに対して行うスキンケアなどで改善をしようとアプローチするためです。通常のシミやくすみに対しては市販で売られている美白化粧品を使うことで改善できる場合も多いです。これらのシミはメラニンが色素沈着していることが原因であるため外からのアプローチによって改善する可能性もあります。

しかし肝斑はホルモンのバランスの乱れが原因であるため通常のシミと同様のスキンケアなど、外からアプローチするだけでは改善ができないのです。そのためシミに対して肝斑か肝斑でないのかをしっかりと見極めてから治療をすることが大切です。

正しい肝斑の治療方法とは?

できてしまったシミに対して肝斑かもしれないと疑問に思ったらすぐに皮膚科などのクリニックに行くことが大切です。

肝斑かその他のシミかの判断は自分では非常に難しいため専門家に診てもらうことで判断が可能です。肝斑だと判断されえた場合、治療方法としてトラネキサム酸という成分を含む内服薬を処方されることがほとんどです。

この薬は内部から肝斑の原因にアプローチすることができ、約1カ月前後で肝斑が薄くなったり、小さくなったりと、その効果を発揮することができます。またこの内服薬と併せて美白作用のある塗り薬を塗ることでさらに効果を発揮することができます。治りにくいと思われがちの肝斑ですがきちんと肝斑に対する治療を行うことで改善が可能なのです。
関連キーワード

関連記事