原因別に選ぶ「いぼ」の治し方とは?

原因別に選ぶ「いぼ」の治し方とは?

「いぼ」の原因は大きく分けて「ウィルス性」と「皮膚老化」に分けられます。あなたの「いぼ」はどっちのタイプ?

ウィルスが原因の「いぼ」にセルフケアは禁物!

吹き出物が出来た・・ニキビが治らない・・そんな時は「いぼ」を疑ってみるべきかもしれません。お年寄り特有の症状だと思われがちな「いぼ」ですが、実は若い人でも出来てしまう症状なんです。特に、やっかいなのが「ウィルス性」のタイプ。

ヒトパピローマウィルスというウィルスに感染する事で、体中に出来るのが特徴。手足に出来やすい事で知られているウィルス性の「いぼ」ですが、もちろん顔や首回りに出来てしまう事も珍しくありません。一見、白ニキビと区別がつきにくく、2週間ほどで自然と消える事も。


ですが、同じ箇所に何度も出来る・・なかなか治らない・・と言う場合は、皮膚科医の診療を受けるのが賢明です。皮膚科での治療法としては、液体窒素を使ったタイプやレーザー治療などが一般的とされています。

若くても出来る!皮膚老化が原因の「いぼ」

「皮膚老化」と聞くと、お年寄りに出来る「いぼ」を連想する人が殆どでしょう。確かに、お年寄りに出来る「いぼ」が「皮膚老化いぼ」と呼ばれているのは事実です。ですが、「皮膚老化」とは皮膚年齢を意味する物。なぜなら、人によってお肌のお手入れ方法に違いがあり、それによって皮膚老化の進み具合に差が出るからなんです。

皮膚老化の主な原因と言われているのが、「紫外線」や「古くなった角質」。若い頃から日焼け止めナシでマリンスポーツに夢中になっていた人なら、通常より紫外線にさらされる機会が多かった事でしょう。

また、不規則な生活習慣や喫煙期間が長い人なら、お肌のターンオーバーが乱れているかもしれません。つまり、実年齢より皮膚老化が進んでいる場合は、「いぼ」が出来る可能性が高いと言えるのです。

お家でケアできる!皮膚老化が原因の「いぼ」

お肌のいたるところに出来てしまう「皮膚老化いぼ」。「顔」や「首回り」に出来た場合、大きなストレスを感じてしまう事もあるでしょう。ですが、「ウィルス性いぼ」と違って、対処方法が選べるのも「皮膚老化いぼ」の特徴です。

最近話題なのが、「角質粒」というタイプ。古くなった角質が蓄積して出来てしまう、老廃物の一種と言われています。顔や首回りに出来る事が多い「角質粒」に効果的とされているのが、「ヨクイニン」に代表される「ハトムギエキス」。

また、お肌の硬化を緩めてくれる「杏仁オイル」も有名ですね。最近では、マイルドピーリングに配合される事も多く、角質除去に役立つと注目されています。また、「いぼ」の予防を心掛けたいなら、紫外線を避ける日焼け止めが必須です。お出かけ前のひと手間が、不快な「いぼ」を予防してくれるでしょう。
関連キーワード

関連記事