お酒を飲んだ時のむくみを最小限にしよう!

お酒を飲んだ時のむくみを最小限にしよう!

お酒を飲んだ後って、顔がむくむことが多いですね。そのメカニズムやむくみの解消法について検証します。

お酒を飲むと何故むくみが出るの?

お酒を飲むと、トイレが近くなります。これは、「抗利尿ホルモン」の働きがアルコールによって抑えられてしまうからです。尿として体外に排出することで、身体は脱水症状になります。

血管内の水分が少なくなると、身体は脱水症状として自覚する為、喉の渇きを覚えます。そこで水分を取るか、アルコールを取るか、ですが、水分をここで過剰に摂取してしまうことでむくみの原因になります。アルコールが体内に入ると、血管が膨張します。

それによって、動脈側の毛細血管の血管透過性が上がり、多くの水分が血管から外に出てくるようになります。これがむくみの原因となっているのです。アルコールを飲んだ後に喉が渇いてまた水分を取ると、血管から水分が出て来て喉が渇く、この悪循環が起こってしまうのです。

お酒を飲んでむくみを生じさせないために気をつけるべきことは?

お酒と一緒に食べると美味しい揚げ物や味の濃いおつまみは、そこに含まれる塩分が体内に水を溜め込むので、むくみの原因になります。

お酒と一緒に味の濃いおつまみを食べると、ナトリウムの利尿作用で喉が渇き、そこでまた水分を過剰摂取する可能性があります。代謝を促し、無駄な塩分を排出する働きがあるカリウムを沢山含んでいるものを食べましょう。例えば、海藻サラダやほうれん草、かぼちゃ、さつまいも、ごま、バナナなどがその代表例です。お酒を飲んだら、その日のうちに体内に入れたアルコールを排出しておきたいものです。

帰宅したら水を飲んでトイレに行きましょう。カフェインのある飲み物は利尿作用があるだけでなくむくみの解消にも役立つので、お酒と一緒にお茶も飲んでおくと効果的です。

お酒を飲んだ翌日のむくみ解消法

お酒を飲んだ翌日は、いつもよりも早く起きましょう。顔がむくんでいたら、ストレッチなどをして血行を良くします。

身体を温めることもむくみ解消には効果的なので、朝風呂に入るのもおすすめの方法です。それでもまだむくみが残っていたら、蒸しタオルと冷たいタオルを交互に顔に当てて血液の循環を良くすると良いです。蒸しタオルは、濡らしたタオルをラップで包んで電子レンジで15~20秒ほど加熱すると出来ます。また、顔のむくみに効くツボがあります。

手首の内側の親指側から4~5cm上に上がったところの「れつけつ」という場所です。ここを温めたり押したりすると効果的です。時間の無い時でも手軽に出来るのが、使用済みのティーバッグをまぶたの上に載せる方法です。ティーバッグは冷めてから使って下さいね。
関連キーワード

関連記事