ワキガの汗は黄ばみになる原因とは?

ワキガの汗は黄ばみになる原因とは?

ワキガかどうかを自分でチェックする方法としてワキ下の汗の黄ばみがありますがその原因とは何でしょうか?

ワキガの黄ばみとアポクリン腺

ワキガの人の特徴として、ワキ下の汗の黄ばみがあります。もし洋服のわきの部分に黄ばみがある場合には、アポクリン腺が関係している可能性があります。

私たちの体には無数の汗を出す汗腺があります。この汗腺ですが、アポクリン腺とエクリン腺という2種類のものがあります。アポクリン腺から出る汗の量が多くなると、わきの下の部分に黄ばみができやすくなります。エクリン腺はあまり物質が混ざらないのですが、アポクリン腺から出る汗の場合、たんぱく質や糖質、脂質といった様々な成分が含まれます。

これらの成分の中に含まれるものの中には、色素成分もあります。これらの色素成分が洋服に付着することで、わきの下に黄ばみができやすくなるのです。白いTシャツなど色素の薄い洋服を着たときに、わきの下が黄色くなっている人は要注意です。

うっすらな黄ばみはワキガでない?

わきの下が黄ばんでいる場合、絶対にワキガであるといえません。実はワキガでない人もわきの下が黄ばむことがあります。

先ほども紹介したように、私たちの汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺があります。エクリン腺から出る汗には不純物があまり混ざっていないので、色のつくことは少ないです。しかしエクリン腺から出る汗でも黄ばみが生じることもあります。ただしエクリン腺とアポクリン腺から出る汗の黄ばみには違いがあります。エクリン腺の汗が黄ばんでいる場合、うっすらと黄色く変色することが多いです。

一方アポクリン腺の場合、はっきりと濃い黄色い変色が見られます。もし薄い黄色の変色であれば、あまりワキガの心配をする必要はないです。また全体的に服が黄ばんでいる場合も、ワキガの可能性は低いでしょう。

黄ばみとワキガは直接関係なし

わきの下に濃い黄ばみがある場合、アポクリン腺からの汗が大量に出ている可能性があります。しかしこのアポクリン腺の汗だけで、ワキガ特有の臭いの原因となるわけではないです。

アポクリン腺から出る汗に含まれる様々な成分に細菌が群がることで、この物質が分解されるときに臭いを発するわけです。ということは、細菌を繁殖させないような環境を作れば、わきの下に黄ばみができていたとしても、ワキガの症状を引き起こすことはないです。

わきの下のところに黄ばみができる人の中には、ワキガではないケースもたくさんあります。こまめに洗浄するなどして衛生環境を整えて、細菌が繁殖しないようにすることが大事になります。黄ばみができるかどうかは遺伝によるところも関係しています。
関連キーワード