ワセリンがアトピーに効果のある理由って?

ワセリンがアトピーに効果のある理由って?

アトピー肌で困っている人もいるでしょうが、ワセリンで対策できる理由を見ていきます。

ワセリンは皮膚保護でアトピー対策

アトピーの人はもともと肌のバリア機能が弱く、外部の刺激の影響をもろに受けてしまうことが関係しています。

ワセリンはもともと油ですから皮膚に塗ると、この油が一種の保護膜を肌の表面に作ります。たとえば水が肌に付着したとしても、水をはじいて保護してくれる効果があります。このようにワセリンを塗ると外部の刺激から肌を保護する効果が期待できるので、アトピーで肌の弱っている人が塗ると改善効果が期待できます。ちなみにその他にも冬場寒い時期に水洗いをすると手が荒れやすくなります。

洗い物をする時にあらかじめワセリンを塗っておくと、手荒れを防げます。このようにワセリンはアトピーだけでなく、全身の肌を保護してくれるので肌荒れの気になる人は活用してみると良いでしょう。

ワセリンは水分蒸発でアトピー対策

ワセリンがアトピー対策として効果のある理由として、水分の蒸発を防ぐ効果のある点にも着目しましょう。先ほども紹介したように、ワセリンは油の一種です。

このため、肌に塗ることで一種のふたのような役割を果たしてくれます。アトピーの人の肌を見ると、カサカサの乾燥肌の状態になっている傾向があります。ですから保湿をして、いかに肌に含まれる水分を蒸発しないようにすることが大事です。

そこでワセリンを塗ると蓋になってくれるので、肌に含まれる水分の蒸発を抑えてくれます。たとえばお風呂に入った直後はアトピーの方でもしっとりとした肌の状態になっているはずです。お風呂上がりにワセリンを塗れば、このしっとり肌の状態を長くキープでき、アトピー肌を改善できる可能性は高まります。

ワセリンはバリア機能回復でアトピー対策

アトピーの人は皮膚のバリア機能が弱くなっているのが原因です。もともと私たちの肌には皮脂を分泌するなどで自分の肌を保護する機能があります。

しかしアトピーの方はこのバリア機能がうまく機能しないので、様々なトラブルが起こります。ワセリンには、このバリア機能を回復する働きがあります。通常の保湿クリームの場合、界面活性剤が含まれています。この界面活性剤は肌の表面の角質層を破壊する働きがあるので、時として皮膚のバリア機能を弱めてしまうことがあります。一方ワセリンの場合、低刺激ですから皮膚のバリア機能を破壊することはないです。むしろバリア機能の強化をサポートする働きがあります。

ですからアトピー肌の他にも、やけど治療をするにあたってワセリンを使った方が良いとされています。
関連キーワード