メイク前にヨーグルトでアトピー対策

メイク前にヨーグルトでアトピー対策

メイクする前にヨーグルトを食べることで、アトピー対策の効果が期待できるといわれています。

メイク前にヨーグルトでアトピー対策と免疫の関係

アトピー性皮膚炎にかかっている人は、メイクをする時に肌に余計な負担を与えることになりはしないかと不安に感じている方もいるでしょう。アトピー対策として、ヨーグルトを食べることが効果ありと言われています。

ヨーグルトの効果として有名なのは、腸内環境を整え、健康面をサポートする効果でしょう。実はアトピーにかかっている人を見てみると、比較的腸の弱い人が多いと言われています。腸内には、体全体の70%程度の免疫細胞があるといわれています。

すから腸内環境を整えると、免疫細胞の働きをよくすることも可能です。免疫の働きが活発になれば、アトピー性皮膚炎をはじめとしたアレルギー症状を抑制する効果が期待できます。身近な食べ物なので、誰でも手軽に始められるところも魅力です。

メイク前にアトピー対策でヨーグルトを食べると抗体抑制効果が

ヨーグルトを食べることでアトピーの症状を抑制する効果が期待できるのは、ヨーグルトにはメチル化カテキンと呼ばれる成分がふんだんに含まれているからです。このメチル化カテキンには、抗アレルギー作用があるといわれています。

アトピー性皮膚炎の起きる原因として、アレルギー症状の一つであるIgE抗体が関係しています。ヨーグルトに含まれるメチル化カテキンには、このIgE抗体を抑制する効果があるとされているのです。ちなみにこのメチル化カテキンですが、そのほかの部分でも健康や美容面で様々な効果が期待されています。

具体的には抗菌や抗ウイルス、コレステロールの調整効果もありますし、美容の世界で注目を集めているアンチエイジング効果なども期待されているので注目です。

メイク前のヨーグルトでアトピー抑制の免疫効果アップ

ヨーグルトの最大の効果と言われているのが、乳酸菌やビフィズス菌の働きによって善玉菌を増やすことにあります。腸内には善玉菌と悪玉菌があって、両者の数がどうなるかで健康面に影響が出てくるといわれています。

ヨーグルトを食べる習慣をつけることで、善玉菌を増やして腸内環境を正常にする働きがあるといわれています。腸内環境が整うと免疫機能が向上します。その結果、皮膚の炎症を抑制するとか、皮膚に含まれる水分蒸発を予防する効果も期待されています。

アトピー性皮膚炎は皮膚が乾燥して、肌に炎症が起きる症状ですからヨーグルトを食べれば、症状緩和が期待できると考えられているわけです。ちなみに腸内環境が整うと便秘解消や美肌効果があるなど、女性にとって他にもうれしい結果も期待できます。
関連キーワード

関連記事