最善策!敏感肌夏の美白スキンケア

最善策!敏感肌夏の美白スキンケア

敏感肌に悩まされている女性には、夏はとっても苦労する季節ですよね。夏の美白スキンケア、実は保湿がポイントです!

夏の敏感肌、ベタついているようで実は乾いている?

夏場の敏感肌には色々な症状があります。乾燥もその一つです。夏の暑さによって汗を書くことで乾燥したり、太陽によりダメージを受けて乾燥するのです。

一見すると汗などのせいでベタついてしまうため、乾いているようにはなかなか感じにくいですよね。でも本当は「インナードライ」という現象が起こっています。

これは肌の表面はテカっているのに、中はカラカラに乾いてしまっている状態です。私たちはいつも生活の中で、オフィス、お店、自宅と、何処に行ってもクーラーの風にさらされていますよね?

そうすると肌は湿度がどんどん低くなってしまいインナードライの状態になってしまうのです。また、ベタつきを気にして過度な洗顔をしたり、油とり紙を使って肌を傷つけてしまうことでもしかしたらインナードライを進行させているかもしれません。インナードライの適切な対策を行うことが、夏のスキンケアではとても重要なことになります。

食生活や睡眠不足で陥る敏感肌

食生活の乱れや睡眠不足などの生活習慣の乱れでも敏感肌は起こりえます。仕事などが忙しくなると何かと後手になったりおろそかにしがちですよね。

そんな生活習慣の乱れによって引き起こされる敏感肌の場合、改善は簡単で、ライフスタイルを整えることで元に申し訳ございません。どすことができます。

3食バランスのいい食事をしたらり、6時間以上の睡眠をとったり休憩や運動を挟むことで、ストレスを軽減したり。そういった何気ない改善で、敏感肌の改善だけでなく、肌の調子も整えることが出来るため、美白にも繋げることができます。

スキンケアで敏感肌を改善・予防

生活習慣での改善に加えて、スキンケアでも改善・予防を図れます。
クレンジング・洗顔・化粧水・保湿ケアなど、肌を大切に扱うことが重要となってきます。

クレンジングの場合、肌についてから長時間おいてしまうと、その部分が反応し荒れてしまったり、敏感になる原因となってしまいます。
洗顔においては、冷たい水や熱いお湯ではなく、肌の温度に近いぬるま湯で泡を落とすことが重要です。
また、化粧水も肌温度に近づけるため、少し手で暖めてから塗り、その上から美容液やクリームを塗ることでお肌ケアがいき届き、敏感肌を防いでくれます。
関連キーワード

関連記事