敏感肌の人が選ぶべき化粧水とは?

敏感肌の人が選ぶべき化粧水とは?

敏感肌の場合使用する化粧水などにも気を配る必要があり、肌に合ったものを使用することで肌を改善できます。

敏感肌の場合は化粧水でトラブル増加も

敏感肌の人の場合、ほんの些細な刺激でも肌トラブルを引き起こす可能性があります。その為毎日使用することになる化粧水にも気を配らなければいけません。

化粧水の中には刺激を促す成分が配合されているものも少なくありませんし、中には添加物が含まれているものもあります。敏感肌にはこの刺激を促す成分や添加物が悪影響を与える場合も少なくなく、それを知らないまま化粧水を使用し続けることで更に肌の状態を悪化させることにもなりかねません。

その為化粧水の成分には十分に注意が必要ですし、年齢によっても肌の状態は変わってくるため、肌に合わせた化粧水選びを行うことがトラブル回避に繋がります。基本的に敏感肌には敏感肌用化粧水が最もお勧めですので、敏感肌専用もものを使用しましょう。

敏感肌に無添加化粧水が良い理由とは?

敏感肌の場合、化粧水に含まれる添加物が大きなダメージを与えることになります。この肌トラブルの原因となる添加物とは、香料や着色料、保存料などが挙げられます。

一般的な化粧水の場合は長期保存を可能にし、雑菌などの繁殖を防ぐために保存料が添加されている場合が多く、良い香りをつけるための香料や見た目の色を綺麗に見せるための着色料なども使用されている可能性があります。

これらの添加物は敏感肌に対しては非常に強い刺激となる場合もありますし、添加物の成分自体が肌に対して悪影響を与えることにもなります。その為肌が強い人にとっては何の問題もない添加物であっても、敏感肌の人にとっては肌を傷めるだけの成分となってしまうわけです。無添加であればそういった成分を含みませんので、安心して使用することが出来ます。

アルコールフリーの化粧水は敏感肌に最適

敏感肌に使用する化粧水にはアルコールの含まれていないアルコールフリーのものが最適だと言えます。

一般的な化粧水にはエタノールなどのアルコールが使用されていることが多く、それにより殺菌作用や引き締め効果などを生むことになります。しかし敏感肌の場合はそのアルコールの刺激が肌トラブルを引き起こすことになりますし、強すぎるアルコールの刺激は肌に染みて痛みを伴うと言ったトラブルも引き起こすことになります。

その為敏感肌のような肌が弱っている状態の場合には、アルコールの含まれないアルコールフリーの化粧水を使用することが望ましいと言えます。アルコールフリーの場合清涼感などは感じませんが、化粧水としての成分には何の問題もありませんし、アルコールが染みるといったトラブルもありません。
関連キーワード

関連記事