乾燥肌の体質改善にはどんな食事がいいの?

乾燥肌の体質改善にはどんな食事がいいの?

乾燥肌を治すには、食事を見直して体質改善をすることが必要です。乾燥肌に効果のある食べ物をご紹介します。

乾燥肌の体質改善をするには食事が需要だった!

私たちが健康に毎日を過ごす為には、食事は欠かせません。身体に直接取り入れるものだけに、及ぼす影響もとても大きいのです。乾燥肌に悩む女性は、しばしば保湿成分のある化粧品に頼ろうとします。

しかしそれよりももっと根本的に大切なのは、食事を見直していくことです。乾燥肌の体質は、食生活を見直せば変えられます。まずは、乾燥肌に良くない食習慣をチェックしてみましょう。インスタント食品は手軽で便利ですが、添加物が沢山含まれています。

大量の炭水化物や糖分を食べると、体内での吸収がうまくいかず、新陳代謝が悪くなり、肌にも悪影響が現れます。カフェインや香辛料など刺激物を食べすぎるのもあまり良くありません。冷たいものは身体を冷やして代謝を悪くします。食べ過ぎに注意しましょう。野菜サラダより温野菜がおすすめです。

乾燥肌の体質改善をするのに特に食事に取り入れたい成分は?

化粧品などにもしばしば含まれ、保湿成分が高いものとしてセラミドがあります。セラミドは食事から取ることもできます。セラミドは、皮膚のバリア機能を持つ細胞間脂質の半分を占めます。肌の内側に水分を閉じ込め、刺激から守ってくれます。

セラミドが現象してしまうと、皮膚のバリア機能が失われて水分が蒸発してしまい、乾燥肌になってしまうのです。この状態が進めば、乾燥肌も進行してしまうので、乾燥肌の人はセラミドを含む食物を食べるのがおすすめです。

セラミドは、黒い色の食材に多く含まれています。代表例として、こんにゃく、黒ごま、黒豆、ひじきなどが挙げられます。特にこんにゃくに含まれるセラミドは、保湿成分が高い植物性のセラミドでオススメの食材です。

乾燥肌の体質改善の為に食事で取りたい栄養素と注意点は?

ダイエットを意識する女性にとっては、脂質はなるべく取りたくないものかもしれませんが、乾燥肌には脂質の摂取は欠かせません。脂質が不足してしまうと、肌がかさついてしまい、細胞や血管を作る機能も弱まり、老化が進んでしまう可能性があります。

しかし、脂質が大事だからと肉や乳製品、卵などばかり食べていると、カロリー過多で肥満の原因になります。青魚、植物油、ナッツ、ごまなどに含まれる脂質は良質なので、意識して取るようにしましょう。逆に、これらの脂質は肥満の解消にも一役買います。

美しい肌を保つ為には、新陳代謝を活発にする必要があります。脂溶性のビタミンAは、肌の新陳代謝を活発にします。ビタミンAは、うなぎ、レバー、乳製品、卵、緑黄色野菜、海藻、緑茶などに多く含まれます。乾燥肌の人は出来るだけ毎日食べたい食材です。
関連キーワード

関連記事