敏感肌に合うファンデーションとは?

敏感肌に合うファンデーションとは?

敏感肌の場合、使用するファンデーション選びで肌への負担を大幅に軽減することができちゃいます。

敏感肌に使用しないほうが良いファンデーションとは?

女性のたしなみとして化粧を施すのはとても重要なことだと言えますが、肌に不安を抱えている場合にはその化粧が肌トラブルを起こす原因になることも考えられます。

特に敏感肌という肌がとても過敏になっている場合には、顔に付けるファンデーション一つで肌の状態を悪化させてしまうことも考えられます。基本的に敏感肌の場合、肌のバリア機能が著しく低下しているため、落としにくいファンデーションを使用してしまうとそれを洗い落とす際に肌を痛めてしまう恐れがあります。

特に油分の多いクリーム状のファンデーションの場合は、肌からなかなか落ちないためどうしても肌を擦らなくてはいけないことになりますし、肌を気にして綺麗にファンデーションを落とせていない場合も、残った化粧が毛穴を塞いでしまうと言ったトラブルを引き起こすことになります。

出来るだけ天然成分のファンデーションを使用する

敏感肌の場合、肌のバリア機能が低下しているため化粧品に含まれている成分で肌トラブルを起こす可能性もあります。

ファンデーションにはシリコンなど肌に刺激を与えてしまう成分が含まれている場合が多いですし、それ以外にも添加物が含まれている商品が非常に多いと言えます。

その為それらの化粧品は敏感肌には不向きなものとなりますので、ミネラルファンデーションと呼ばれる天然の鉱物などで作られたファンデーションを使用するのが最も肌に負担をかけないことになります。ただしミネラルファンデーションの場合でも、アレルギー体質の場合は合わないことも考えられますので、必ず試してみてアレルギー反応の出ないファンデーションをチョイスするようにしましょう。

使用するならパウダーファンデーションが敏感肌向き

敏感肌に使用できるファンデーションとしてお勧めなのは、細かい粉状のパウダーファンデーションがおススメです。

リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションとは違い、パウダーファンデーションの場合は洗い流すのが簡単なので肌への負担が少なく安心して使用することが出来ます。

化粧で肌ダメージになるのならファンデーションを使用しなければいいのではと感じる人もいるかもしれませんが、素肌のままだと敏感肌の場合紫外線などの外部刺激を受けやすくなり、更に状態を悪化させる恐れがあります。そのため洗い流しやすくつけやすいパウダーファンデーションを使用して肌をガードする必要があります。パウダーであればすぐにつけることが出来ますし油分も無いので落ちなくて毛穴が詰まったということも有りません。

関連記事