敏感肌の人向けシャンプー

敏感肌の人向けシャンプー

敏感肌の場合頭皮の状態に合わせたシャンプー選びが必須です。そのため何がダメで何が良いかを知りましょう。

敏感肌が使用してはいけないシャンプーとは?

敏感肌の場合、頭皮と髪を洗浄するためのシャンプーにも気を配る必要があります。敏感肌と言う状態は肌のバリア機能が低下しているため正常な状態であれば問題ないような刺激に対しても肌が過敏に反応してしまい肌トラブルを引き起こすことになります。

シャンプーは毎日使用するものですので出来るだけ刺激が少なく敏感肌に対してダメージを与えないものが好ましいと言えます。そのため一般的なシャンプーに配合されている合成界面活性剤や鉱物油といった成分が含まれていないものをチョイスする必要がありますし、香料や着色料、パラベンといった成分なども入っていないほうが望ましいと言えます。

添加物は敏感肌に対しては百害あって一利なしの成分ですので、肌のことを考えてトラブルを引き起こさないことを考えてシャンプーを選ぶ必要があります。

何故刺激や添加物が敏感肌にはダメなのか?

敏感肌の人は何故添加物などが含まれるシャンプーを使用しないほうが良いのかと言うと、シャンプーに含まれる添加物は香りをよくしたりシャンプーそのものを長持ちさせるための防腐剤として配合されているものが、肌に対して悪影響を与えてしまうためです。

敏感肌の人は一般の人に比べて肌が弱い状態となっているため、ほんの少しの添加物であってもそれが肌に与えるダメージは計り知れないものとなります。

鉱物油に関しても敏感肌には刺激となる場合が多いですし、泡立ちをよくして洗浄力をアップさせる合成界面活性剤も、強すぎる洗浄力は肌に必要な油分を根こそぎ取ってしまい、さらに敏感肌の状態を悪化させてしまうことになります。そのため敏感肌の場合は無添加で頭皮の状態を改善できる成分が含まれるシャンプーがオススメとなります。

敏感肌には肌を保護するシャンプーを

敏感肌の場合肌の水分量が減ることが原因でバリア機能が低下していることが考えられます。そのため頭皮の保湿が可能なシャンプーを使用することが絶対条件となります。

頭皮の保湿が可能なシャンプーとしては天然由来の椿油など頭皮を乾燥から守ってくれる成分が配合されているものや、弱った頭皮に栄養を補給できるアミノ酸配合のもの、刺激にならない弱アルカリ性のものなどが好ましいと言えます。

もちろん無添加であることも重要ですし、洗浄力に関しては合成界面活性剤など強すぎる洗浄力ではなく、汚れは落とすが適度に油分は残してくれる洗浄力のものが良いでしょう。これは石鹸成分で出来ているシャンプーなどがそれにあたりますので、シャンプーを選ぶ場合には刺激が少ないだけでなく現状の頭皮環境を改善できるものが良いでしょう。
関連キーワード

関連記事