乾燥肌で肌に赤みがある時の解消法は?

乾燥肌で肌に赤みがある時の解消法は?

肌に赤みが出た場合は、乾燥肌がかなり進行してしまった状態です。肌の赤みを解消する方法をお伝えします。

肌に赤みが出たら乾燥肌の末期症状!?

乾燥肌は、肌の水分量が減少してしまった状態で、肌に外的刺激を与えようとするものから肌を守るバリア機能が壊れた状態です。肌が乾燥した時、肌につっぱりを感じ、続いてかさつきを感じたり、皮が剥けてきます。そこから乾燥が進行してしまえば、肌が敏感になってしまい、赤みを帯びた状態になってきます。

こうなると、乾燥肌がかなり進行した状態です。そのまま放っておけば、肌にかゆみが出て来てかぶれが出たり、腫れてしまう場合もあります。肌に赤みが出る原因は、肌が薄くなってしまう為です。肌が薄くなると、外からの刺激を受けやすい状態になります。外からの刺激で肌を守るのが免疫の仕組みですが、免疫細胞が誤作動すると、外からの刺激に過剰反応したり、刺激でないものに対しても反応してしまいます。

乾燥肌による赤みへのケア方法

肌に赤みが出てしまっている時は、乾燥肌がかなり進行している状態です。肌もいつもよりも敏感になってしまっています。保湿ケアはとても大切ですが、赤みがある時は、いつもよりもケアに心配りをしましょう。

まず、肌になるべく刺激を与えないようにすることが大事です。洗顔もスキンケアも、やさしく行うことが大切です。洗顔料は刺激の少ないものを選び、手の指が顔に触れないように泡で洗顔します。その後のスキンケアは、少しずつ肌に浸透させるようにゆっくり行います。

スキンケア用品を選ぶ際にはセラミドを含むものがオススメです。セラミドは、細胞間で水分や油分を吸収する細胞間脂質の主成分です。肌に与えると、水分をたっぷり含み、みずみずしさをキープ出来ます。

乾燥肌による赤みを解消する為に気をつけたい生活習慣

肌は睡眠中に再生すると言われています。特に、午後10時から午前2時までは、「肌のゴールデンタイム」と言われています。この時間帯は、肌の再生活動が最も活発化します。肌の再生力を最大限に生かす為には、この時間に眠りについていることが重要です。十分に睡眠を取ることで、肌の再生力も高められます。睡眠不足はお肌の健康にとって大敵です。夜更かしをせずに早めにベッドに入りましょう。

スキンケアだけでなく、保湿効果のある食材を食べるようにするのもオススメです。保湿効果が期待出来る食材は、コラーゲン、ビタミンやミネラルを含むものです。特にコラーゲンは、スキンケアでは吸収されにくい成分なので、食材で取ることがオススメです。手羽先や豚足などに豊富に含まれています。
関連キーワード

関連記事